火山 ドローン ミサイル

 晴れ、気温はマイナス9度.西の空に満月の月、東の空に赤い朝日.空の色は、まだ青くない.

 

www.youtube.com

 海底火山の噴火により大きな被害を受けたトンガ.結構ラグビーなどでトンガ出身の選手が活躍していることでなじみが深い国である.

 どれほど大きな爆発だったかニュース映像で知ることができたが、このような爆発が起きる場所は、日本でも数多く存在する.例えば富士山だったり、阿蘇山だったり、桜島だったりする.そういえばブラタモリでやっていた小笠原諸島の父島もそうだった.火山の噴火により地面が吹き飛ばされ地形が変わり人が住めなくなった後、その土地に人が住み暮らし始める.この後また被害が起きるかもわからない場所に人は住み続ける.そんなことを言えば日本の大半は人が住めない場所になってしまうのだが.そういったことを考えてしまった.

 

 

www.youtube.com

 ドローンで人を殺傷する行為は、アメリカが初めて行ったと思う.湾岸戦争の時にドローンを使い相手に甚大な被害を与えていた.それは、相手に防御する手立てがなかったからである.その攻撃は今では一般的になり中東やその周辺の紛争では当たり前に使用されるようになってきている.

 あの時ドローンをアメリカが戦争に使わなければと思うが、遅かれ早かれ他の国が戦争に使うようになっただろうと思うが、戦争にドローンを使用して良いと世界に広めたのはアメリカである.

 今回のような事件は、今後どこでも使われるようになるだろう.そういう考えはアメリカには無かったのだろうか?何時でもテロ攻撃を受ける危険性の拡大を想像していなかったのだろうか?この技術はアメリカだけのものと思っていたのだろうか?

 東京オリンピックでもLEDを装備したドローンが規則正しく飛行し、様々な形を見せてくれた.信じられない未来の姿だったが、あれが普通にどこの国でもできるようならLEDの代わりに高性能爆弾を装備させたら無敵だろうと思う.さらにあれが無線の操縦でなく自立型だとしたら防御することは不可能だろう.防ぐには地中深く潜る必要がある.

 人間は、色々なものを創造してきた.人の暮らしに役立つものを作ってきた.兵器に使われるドローンも攻撃する側の危険を減らすために考えられた.戦争の現場にいなくとも相手に損害を与えられるものならこれ程便利なものはない.それが自分達に使われることがあることを気付かないふりをして作り上げる.

www.youtube.com

 北朝鮮のミサイルも同じである.彼らもまた自分達の被害を最小にして相手を攻撃できる兵器を開発してきた.彼らの戦闘機や軍艦などの装備は貧弱であることが知られている.戦闘機にお金をかけるよりミサイルを開発するほうが割安である.最新戦闘機一機を購入するならミサイルを開発し100発備える方が効果は高い.相手に攻撃されても反撃して相手に被害を与えればそれで良いと考えるなら効果的だし、相手もおいそれと攻撃できなくなるようにミサイル基地ではなく移動式にしているのもその考えからだろう.相手国は多くの国民の命よりも命令を下す最高位の人物が狙われることを嫌がる.その人物目掛けて何百発のミサイルが飛んでくるぞと脅しを掛ければおいそれと攻撃してこないことを知っている.

 人は臆病であることを知っている.権力を持てば持つほどその座を追われることを極端に嫌がるものである.そして、それは自分の命が尽きるまで無くならない人が多い.

 

 

 

 

オミクロン 小惑星

 曇り、気温はマイナス12度.今日は気温が下がり、路面も圧雪状態である.今まで比較的気温が高かったのでこの寒さは体にこたえる.

 

news.yahoo.co.jp

 北海道もこのところの感染者の増加で徐々に病床使用率が増えているが、まん延防止の発令には至らなかった.

 感染者は比較的軽症で入院の必要のない人が多いため様子見をしているのだろうと思う.この先の増加は間違いなくあると思われるのでその辺りの見極めが必要になってくるだろう.心情的には北海道もまん延防止を発令しても良いのではないかと思う.

www.businessinsider.jp

 数日前から話題となっていた話であるが、小惑星が地球に接近するらしい.その距離は月と地球の距離の5倍の200万キロというから地球にぶつかるおそれはない.

 しかし過去に地球は小惑星との衝突を経験しており、地球と月が別れた原因になったとも言われている.それよりも小さな惑星との衝突で恐竜が絶滅した過去もあるので、この先小惑星がいつ地球にぶつかるか予想できない.

 地球に近付く惑星については観測が続けられているためこの先地球に衝突するような惑星は無いようだが、その観測の枠を超える惑星については判らない.銀河系のどこかから軌道を突然変えた惑星が地球に向かって飛んでくる可能性もあるし、それ以外の所からやってくるかもしれない.更に、惑星同士の衝突から進路を変えてやってくるものもあるかもしれない.

 今回の惑星のように直径1kmもあるようなものが地球に衝突すれば、人類は滅亡の危機に直面するだろう.大きな地震津波により多くの都市が飲み込まれ更にその衝突の後の気候の変動は多大なものになるだろう.それに耐えられる文明は存在しないと言える.

 今後、惑星に人工衛星を衝突させ進路を変える実験が行われる予定だが、そういった危機が今後何時かは訪れると予想して対策を立てることは重要である.

 

 

 

色々なことが起きた日

 曇り、気温は0度.昨日は日中、気温が緩んだせい積もった雪が融けて屋根の雪も殆ど落ちてしまった.その落ちた雪の後始末をして気付いたのだが、積もった雪の中は青いということである.その青さは、底に行くほど青さを増す神秘的な色であった.普段雪を見て感じるのは真っ白というだけであるが、本質は水の結晶のため水が持つ性質を兼ね備えているのだということを改めて知った.

 昨日は、色々なことが起こった.その一つはこれであった.

www.youtube.com

 トンガ近くの海底火山が噴火したことで太平洋を囲む国に津波の被害が起きた.幸いにして日本では津波による被害は無かったが、地震なら津波が発生することを今まで経験していたが、海底火山の噴火でも広く津波の影響が出ることが判った.

 その警報が夜中であったため多くの人が眠りから目を覚まされただろう.しかし、もし避難が必要な規模なら大きな災害になったことは間違いない.

 また、注意すべき点は、今回の津波の予想の誤差が大きかったことだろう.最大で6mとの予報が出た時もあったし、1mと出た時もあったし、国も混乱していたようだ.

 これは、本当に自分の推測だが、地球温暖化で南極、北極の氷が融け始めている.それまでその周辺の地殻に掛ったいた圧力も減少する.そうなればその地殻の下をマントル対流にも少なからず影響を与えている可能性がある.このところの火山活動の活発化もそういった影響を少なからず受けているのではないかと思う.この先火山活動は活発化し人類に少なからず影響を与えていくように感じている.

news.yahoo.co.jp

 共通テストの日に凶行に及んだ一高校生.理由は東大受験という何となく古めかしさを感じる理由だった.挫折を味わうと人間は耐えられる人間と耐えられない人間がいる.その中で心の行き場を失ったのだと思う.人を巻き添えにしてそれで自分の心が休まるのか考えるべきだっただろう.その部分は、上手く対処するには他の手助けが必要だったのだろう.この先似た行動を取る人が増えないことを望むが、一定の割合で発生するのだろう.

www.sankei.com

 テニスのジョコビッチ選手、騒動の理由は反ワクチン派であったとしても規則に則れば出場できたのは明らかである.それを証明するように一度はビザの取り消しを取り消すことができた.その点で反ワクチン派の思いも通ることを証明して見せたのにもかかわらず、ジョコビッチ選手のオーストラリア入国に必要な書類及びそれまでの行動が余りにも身勝手だったことが判ったから今回の結果につながった.

 別にワクチンを打たない自由は存在する.それをダメというわけには行かないだろう.その中で必要なことは他の人の自由を制限しないということが絶対条件だろう.プロテニスプレーヤーは、本来世界を頻繁に移動する必要がある.その多くの国で新型コロナウイルスで亡くなる人が多数発生している.その原因がコロナウイルスの伝播だと判っているため、少なからずコロナの感染を広めない義務が発生する.それは、ワクチンを打つ打たないにかかわらず基本である.その秩序を守ろうと世界は動いているのだが、その秩序を破壊し多くの人がコロナウイルスで亡くなることも仕方がないと考えるのはある意味テロ行為と変わらない.

 反ワクチン派の方もコロナウイルスに感染しない感染させない行動が求められており、一流プレーヤーの行動は多くの人の目に晒されているため厳格な行動が必要である.プロ選手がその競技を続けて居られるのも多くのファンや企業に支えられているからである.その大元の犠牲を増やす行動は慎むべきだと思う.今回の件は、当たり前に行動していれば普通に試合に出られた案件でありその点は反省すべきである.

 

 

この日を迎えた貴方

 雪、気温は1度.昨日の夜から結構な風が吹いている.その強い風で道路には吹き溜まりが出来ており歩くにも難渋する.

 

 今日は、共通テストの日である.あいにくの天候で試験会場までたどり着くことが困難な受験生もいるだろう.その困難さは人によって様々で不利に働く人も出てくることもある.それをマイナスと取るかプラスと取るかによって試験に向かう気持ちも変わってくる.この日ばかりは悲観することなく立ち向かって自分の実力を発揮してもらいたいと思う.

 試験は、全てが公平ではない.問題が作られた時点で受験生に対して必ず平等になるわけではない.苦手な範囲、得意な範囲と出題される問題によって差が出てしまう.その辺りは運不運が付き纏う.しかし、それが人生のすべてではないことをどこかで分かって欲しいと思う.

 

news.yahoo.co.jp

 昨日の夜は、JRも今日の試験の混乱を避けるため徹夜で除雪作業に当たっていたようだが、生憎の強風のため始発から運休が決まった列車が相当数ある.また道路も車がすれ違えないような狭い道路が多数あり、移動手段に困難さを生じることは解消されていない.

 しかし、この悪天候も何時までも続くものではない.今週、来週を過ぎればという状況である.一月も半ばを過ぎ、あともう少しで本当に春の足音が聞こえる季節になるはずである.こんな困難さも過ぎてしまえば思い出話になるだろう.

 

www.kobe-np.co.jp

 阪神淡路大震災が明日で27年目を迎えるというニュース.もうそんなに時間が経つのだということは考え深い.今の神戸を訪れると大震災が有ったとは思えないほどの姿で、神戸港に立つモニュメントがその記憶をよみがえらせる.

 あれだけ破壊つくされた街が人間の手でコツコツ作り直されて行き、それを全く感じさせない姿に変えていくのはある意味人間らしい営みである.もしかすると再度同じような大地震が起きるかもわからない状態でまたそこで暮らしを始める気力は人間以外持ち合わせていないかもしれない.ある意味人間しか持たないものを作り出す能力があるからこそのものである.

 阪神淡路大震災で、日本は大地震が起きる国だと実感させられ、東日本大震災でそれが何百年に一度の災害ではなく数十年で繰り返される災害だと思い知らされ今がある.

 もし、日本に大きな災害が起きなければどれほどの人が人生を過ごし、どれほど栄えていたのだろうと思わざる負えない.そういった災害にあっても尚生き抜いてきた日本の社会を褒めるべきだろう.

 世界には、今回のような新型コロナウイルスにより大きな災害を受けている国も多くある.それ以外でも戦争や災害で国として成り立たなくなったところもある.そういった人が生きることを許さない環境が何時でも起こりうるわけである.

 個々人の前では、その事実は残酷であるが、人類或いは地球という視線で見れば当たり前の歴史が続くだけなのかもしれない.歴史に名前が残ったとしても何百年、何千年のスパンで考えると記憶に残らない出来事になる.宇宙が出来てこれまでの時間を考えれば地球の歴史など一瞬の出来事だろう.

 それでも、今を生きている人にはそれぞれに歴史があり記憶がある.今の時間を一緒に生きているからこそである.

 

 

今日も雪 感染者は増えるばかり

 曇り、気温はマイナス2度.昨日も道内の至る所で猛吹雪となりとんでもないことになってしまった.積雪量はここ十年無いくらいの量になり、屋根から落ちた雪がその屋根につきそうになるくらいである.丁度低気圧が重なり南からの暖かい湿った風がもう一つの低気圧が運ぶ湿った冷たい風にぶつかり雪雲が大量発生した形である.こんな形になるのは珍しい状況ではある.

tenki.jp

 今日も相変わらず西高東低の気圧配置は変わらないため強い西風が日本海の湿った空気を日本列島にもたらし日本海側は相当な積雪があると予想される.天候の急変も有りうるので被害に会うことを想定した準備が必要である.

 

 

www.jiji.com

 比較的落ち着いていた道内でもこのところコロナ感染者が激増している.その中でオミクロン株が占める割合も増加している.

 オミクロン株は軽症の人が多いという理由から積極的に自宅待機が進められているが、ある程度の人数が発生すれば当然重症者の割合が増えることになるため、必然的に重症者の入院件数が増えてくることが予想される.

 国は、ワクチン接種を強力に進める方針で、更に濃厚接触者の大気日数を今まで14日間で有ったものを10日或いは7日、5日と短縮する予定らしい.そこまで短くするならそろそろ指定感染症の分類を2類から5類に変更するべきだと思う.

 今までの方針でこのまま重症者が増えれば早々に医療崩壊してしまう可能性がある.ただし2類にしておく方が良い点もある.その一つは、やはり治療費の問題だろう.2類でなければ健康保険を使って治療することになるため何らかの自己負担は発生する.

 しかし、このまま指定病院に入院させ続けることになれば、そもそも指定病院が軒並み高度医療を担う役割をしている医療機関なため、他の治療が必要な患者の治療が遅れることになりかねないというかなり始めている.

 それで2類の指定を外れれば、ある程度の設備を備えた普通の病院でも患者を入院させやすくなる.ただし、本当に重症な患者は高度医療が必要なため今と同じように設備を整えた医療機関に頼らざる負えないのだが.それだとしてもその一歩手前の患者にコロナ治療薬を用いた治療で重症化を防ぐことができれば医療機関全体の負担が減るはずである.

 実際、高度治療が必要のない患者も指定医療機関に入院して治療を受けているが、普通の医療機関でもできる治療である.特別な医療機器が必要というわけでもない.

 その辺りの方向転換は急を要するもので今の日本のシステムでは数年かかるかもしれない.今回の感染状況が2年も続きそれと共に少しずつであるがシステムは変わりつつある.しかし、日本全体が一遍に変わるには相当な期間が必要になるのだろう.

 しかし、今回の災害を契機に日本全体が変わっていく必要がある.旧態依然としたシステムに安穏として横たわり変化を好まない人たちは多く存在する.更に増して、システム化すればするほど人権の問題が絡み一派一絡げに反対する人たちも存在する.そういった人達に丁寧な説明をしても耳を貸さないのが現状である.そこに民主主義の壁が存在する.

 

危機管理能力は?

 雪、気温は0度.昨日の大雪の後強い風が吹いてきたが、積もった雪が湿雪のため地吹雪のようなことにはならなかった.それでも5cm位の積雪にはなっていたのだが.これくらいの雪なら東京は大混乱というところだが、さすがに毎年雪を経験している北海道はそれなりに対処していると言える.さすがに今回の雪は予想外に積もったので交通機関はマヒしてしまう結果となったが、そういうことも有るということは多くの道民が経験しているため静かに除雪に取り組み生活圏を維持するようになっている.

tenki.jp

 天気図は、暴風雨をもたらした低気圧はアリューシャン列島に進み気圧配置上は東低西高の冬型の配置となり以前強い西風が吹き込む形となっているため数日は雪、風の影響を受けることになっている.

 

 

www.yomiuri.co.jp

 オミクロン株の道内の感染者は徐々に増えていることとデルタ株の感染者も以前として多い状況である.このままの形で行くと道内の感染者も第5波のような大きなピークを迎える可能性が高い.その影響を最小限に抑えるのがワクチン接種ということになるが、中々遅々として進んでいないように感じる.ここからスピードを上げていかないと黄色信号のまままたもや混乱の渦中に飛び込みそうである.

 岸田首相も早いうちからワクチン接種の必要性を唱えているがその声が末端に届き動き出すのには時間が掛っている状況である.号令一家物事に邁進するには組織の体制が不十分であることを示している.

 危機管理体制の構築は以前から言われているが、既に物事が起きてから2年が経ちそろそろ職員も対応に慣れが出てこなければいけないのだが、至る所に旧態依然とした命令機構とシステムが残っているため全体として上手く行っていない印象がある.社会ではDXと言われているがお役所は相変わらず書類やFAXを使用する流れは変わらずはたふれど旗振れど踊らずになっている.

 もし、この間にどこかが戦争を仕掛けてきたら日本はズタボロ状態になってしまうことだろう.

こんな日になるとは

 雪、気温は0度.昨日の夜から湿った雪が降り始め夜中に乾いた雪が降るという2段重ねのような天気となった.降り積もった雪は予報より深く70~80cm位積もったのではないだろうか?これだけ一遍に降るのは正月以来だがその時よりも多い.この影響で交通機関も大幅にマヒしており、北海道は陸の孤島のような状態になってしまった.

tenki.jp

 更にこの天気今日一日中続く予定であり、どこで晴れになるかトンと判らない.予報では明日は晴れとなっているので予報通りになって欲しいものである.

 

 

www.fnn.jp

 去年の暮れに千島海溝型の地震の想定情報が発表された.最大で津波の高さが30m程度となっていた.当然揺れによる被害も大変だが、今日のような大雪で交通網が寸断されていれば避難することもできないわけで、停電などが重なれば気温低下による死の危険も起きうるわけである.余りこんな時期に想像をしたくないが政府はあらかじめそういった状況に合わせた対策を持ち合わせているかといえば何も無いというのが実情だろう.自分の身は自分で守るというのが基本になるのだろう.

 災害はいつ何時起きるか判らない.最大の危機が重ね合わせにやってくる可能性もあるわけで備えをすることの重要性を今一度認識する必要がある.