参議院選挙始まる

 曇り、気温は18度.雨も小康状態で霧雨のようなものが時折顔に当たるような状態である.これで止むのではなく夕方まで断続的に雨が降る予定.

 

news.yahoo.co.jp

 参議院選挙の告示がされて直ぐ当落予想の情報が流れ始めた.予想では自公で過半数を超えることは間違いないと報じるところが殆どで、野党の衰退が言われている.

 マスコミは選挙に対して中立の立場をとるのが普通だが、日頃、反与党の姿勢を示すところは陰から野党を何とか勝たせようと応援するのが常である.

 

 その中でニューズウィークの記事は今回の選挙の本質をついている.民主党政権が下野し民主党は解党分離を繰り返してきた.自分達がそれまでになってきた政権の柱となる思想は継承されず主義主張の異なるメンバーたちが主導権を握ろうと争ってきた.その姿は学生運動が盛んだったころ色々なセクトに別れお互いを批難していた姿に似ていなくもない.

 更に、自分達の行動を差し置いて与党を批難する姿は、自分達が将来政権与党になることを放棄し揚げ足ばかりとろうとする万年野党の役割に特化していた.まさしくふた昔前の自社対立構造と同じである.ある程度の人数が居て自分達の意見が言えるなら政権を取る必要がないと思える姿勢である.

 立憲民主党は、党首が変わり批判政党から政策提起型政党に衣替えする方針を唱えた.しかし、実際の主張の中身は、安全保障体制では明確な方針を決められず、経済政策も実際それを実施して日本の経済構造がどのように変化していくのか見通せていないものである.更に憲法改正問題も正し議論を避け憲法9条を守るとしか唱えない.そこで思考停止してしまっている.現実の世界ではウクライナでロシアの侵略戦争が起こり、北朝鮮核兵器を持つようになり、中国ロシアは日本の周辺で示威行動を繰り返す.今までのような東西冷戦が終わった後続いた平和な世の中ではなくなっているのに時代の流れに対応しようとしていない.これに関しては、自民党も一枚岩ではなく現状変更を嫌う国会議員がいるのも確かで、憲法改正論議が進まない一因にもなっている.

 

 今回の参議院選挙は、参議院の半数の議席の改選であり、この選挙の結果で自民党政権が下野する選挙ではない.野党にとっては、この先の衆議院選挙に向けた国民の審判を受ける選挙という位置づけに過ぎない.この選挙で勝利して政権交代をすると訴えるなら別だが、自分達だけではできない消費税廃止や消費税減税を訴えることだけでは有権者の心を動かすことは無い.

 

 民主主義は国民の投票が正しく行われることで成り立つものである.悪意を持った大統領グループの力によって与党の国会議員が増えること大統領を独裁者たらしめるロシアのようなことが起きないとも言えない.民主主義が正当に運営されるには国民の声がバランスよく反映された議員が選ばれることであり、100%与党議員が国会議員を占めることが無いようにしなければならないのである.そのためにもきちんとした機能を果たせるような野党が出来なければ民主主義は簡単に滅んでしまう.そういう意味で正しい野党ができる選挙で有って欲しい.

 

天皇杯 vs甲府 1-2

 曇り、気温は15度.日中は雨の予報である.

 

 昨日は、甲府天皇杯の試合があった.試合を視聴していなくネットで情報とテレビのニュースで大方の内容を知っただけである.

 結果は1-2で敗戦となった.蒸し暑さによりガブリエル選手が途中交代と選手にとって余り良い環境ではなかったようで、更に決めれば同点のPKのチャンスに金子選手が外すなどマイナスのイメージしかない.PKを決めたのは何時だっただろうというくらい外しているように感じる.

 

 というわけでコンサドーレカップ戦は全て終了し、この後の戦いにおいて若手が試合に出るには実力で勝ち取るしかなくなったわけで、後半に向けて選手のふるい落としが始まるのだと思う.ここで活躍しなければ自分達の未来へ向けて方向転換せざる負えない場面も出てくるわけで選手たちには試合と同様厳しい時間が待っているわけである.

 

 コンサドーレというチームにおいて永久は無い.選手も監督もある時期を共に過ごす時を共有する関係である.多くの選手、監督、コーチ、スタッフがその時々でコンサドーレに係り続けながらある者は別の世界へ旅立っていき、ある者は新しくチームに加わってくる.

 

 サッカーを楽しくやるのは一番だが、それ以上にチームとして勝利を突き詰める中で自分の実力を見定められる環境に置かれる.そしてその実力の判定がチームだけではなくサポーターやそれ以外の人からされるのは、一般社会人よりもつらいかもしれない.

 

 チームが不調に陥れば外野は直接関係ないにも係らず非難を浴びせる.今回は監督と選手に対するものが多い.特にミシャ監督に対して賞味期限切れとの非難は多くあり、選手たちに対しても強烈な非難を浴びせる.それは、発言に対して責任を取らなくて良いからである.外野は何とでも言える.その一人の中に自分もいるのだと思う.

 

 この何シーズンかはJ1に残留し続けている.それが、J2にこのチームが居たことを記憶から消し去りいつの間にかJ1の常連のような気持ちを持つ.過去の苦難を忘れ身分不相応な夢を語りだしその夢が夢でなくて現実のゴールでなければならないと勘違いしてしまう.何時からコンサドーレは、どのチームとも互角或いはそれ以上の力を持つビッグチームになったのだろうか?

 

 現実は、J2に負け、大学生チームとも接戦を繰り広げることもあるチームなのである.本当にどこにも負けないようなビッグクラブは日本のJリーグには存在しない.今のJ1のどのチームもJ2のチームに負けることがあるし大学生のチームにも負けてしまうこともある.それくらい戦力は紙一重で有るのかもしれない.

 

 同日行われた他の試合でも川崎、FC東京横浜FM、浦和が敗退している.コンサドーレが敗退しても不思議なことは無い.

 

 コンサドーレを応援するということは、こういった覚悟も必要である.J1が必ずではなく今の環境を死守することが改めて目標になる.そのためにチームは常に新しい衣をまとい古い衣を捨てていかなければならない.サポーターも同様、共に戦うのだという意志を捨ててはいけない.どんな逆境に陥ろうとも見捨てるのだけはやめるべき.

 

 

消費税 新型コロナウイルス

 曇り、気温は15度.風があるため体感は寒く感じる.今週から衣替えし外出時は半袖としたため露出した腕から寒さを感じる.

 

news.yahoo.co.jp

 野党が揃って消費税減税或いは廃止を訴えている.参議院選挙前なのだから有権者に甘言するのは致し方ないのだが、消費税が変更されない前提で出来上がっている予算をどう考えているのかと思う.

 野党は、この参院選では議席を確保することが一番の目標で政権交代を考えてはいない.そのため参議院選挙の公約は、ある意味バラ色の夢を語っても結果的には変わらない.そのバラ色の夢を有権者と共有できればそれでよい.参議院選挙で議席を得られれば実際に公約を果たせなくとも政権を取った暁にはそれを実現しますと言うだけで良いからである.

 その分、与党の自民党は苦しい立場に追い込まれる.消費税廃止を考えていないと言い張る分、今の物価高の影響を有権者に減らす仕組みを実行すると言わなければならないからである.与党の候補者の中にも選挙で受かるために消費税減税を言い出す候補者も出てくるだろう.そうなる与党も一枚岩ではないとの印象を有権者に与えることになるだろう.

 参議院選挙は、半数の改選で有り実質は政権交代を問うものではない.与党にすれば現政権の信任選挙のようなものである.そして、野党にとっては自分達の支持率を計る選挙でもある.ここで議席を減らせば将来行われる衆議院選挙でも惨敗の芽が出てくるからである.或いは、自民党の批判票を集め大躍進する可能性もあるので簡単ではない.

 

www.yomiuri.co.jp

 外ではマスクを外すことを推奨するという話が出ており、以前より新型コロナウイルスの感染に関して緩んだ状況が見えてきている.3回目のワクチン接種も上手く捗らない状況にある.

 更に外国人観光客の受け入れが言われるようになり人の移動が増えている状況でこのまま感染も収まらずに進めば、またもやウイルスの変異によりワクチンの効果が無い株が生まれる可能性も無いわけではない.

 4回目のワクチン接種も限られた人を対象にすると言われており、この冬に再度感染の大爆発が起きてしまう可能性も無きにしも非ずで、漸くという気持ちと未来への恐怖で複雑な気持ちである.

 希望は、このまま流行が収まり平穏な日常に戻ることである.

能登半島地震 ウクライナ

 曇り、気温は16度.風が無いのでそれ程寒くはないが、暑いというのでもない.太陽に今は薄く雲が掛っているが時期に太陽が顔を出す.日中は晴天の予報.

 

news.yahoo.co.jp

 石川県の能登半島地震が続いているようだ.この辺りには能登空港があり利用したことがあるが平地は少なく海と山という印象だった.

 この辺りには火山が無く大きな噴火があるわけでないとされている.しかし地面の隆起が観測されている.

mainichi.jp

 地震の原因が断層面に入り込んだ水などの流体とされている.その液体が今後どのように推移していくか不明で、今後大きな地震がある可能性が高いとされている.この周辺にお住まいの方は不安だと思う.

 地震国日本に暮らしていくのはこういった災害と隣り合わせで生活していくこととを覚悟しなければならない.被害に会わないように備えておくことが必要だが、どこまで準備すれば大丈夫なのかが判らないところが怖さを増大させる.このまま小康状態に移動することを願うばかりである.

 

news.yahoo.co.jp

 中々解決しないウクライナ戦争である.それにより徐々にウクライナに関する報道が日本では減少している.数週間前に話題になっていたロシアは敗戦すると予言していた人たちは今の状況をどう思っているだろう.自分もその一人なのだが、遠く離れた日本にいるためその戦争の厳しさが時と共に薄れていくのを実感する.日本国内では、円安、物価高が話題になり少なくともウクライナの戦争が影響している部分はあるだろうと思っている.何もなければ起きなかったことが戦争という争いで世界に影響を与えているわけである.

 

 非難されるべきは戦争を仕掛けたロシアの責任なのだが、政治家の中にはロシアに抵抗するウクライナも悪いと主張する者もあらわれる.所謂喧嘩両成敗という理屈なのだろうが、もし今の時点でウクライナが停戦すればロシアは大きな領土を得ることになる.それを素直にウクライナが受け入れるわけもない.

 

 日本に置き換えてみればロシアが突然北海道に上陸し、元々は北海道はロシアの領土であると宣言し日本から独立させようとしていると同じである.そうなった場合、東京を根城とする政治家は、ロシアと戦争すると国民が犠牲になるからロシアと停戦しましょうと言っているようなものである.

 その結果どうなるかといえば、ロシアの主張に反対する者を選別し強制的にシベリアの強制収容所に連れていかれ強制労働させられるわけである.そうしてロシアからロシア人が大量に送られてきて元々住んでいた土地を自分達の領土として使い始めるわけである.

 戦争というものはそういう意味で国民を犠牲にして初めて成り立つ.領土を守るのも国民の犠牲が無くては守ることはできず、ジェノサイドも起こる可能性があるわけである.簡単に降伏を宣言しても取り残された人たちを救うことはできない.

 

 ウクライナの人たちの気持ちを思うとそういった北海道の未来を想像してしまうため肩入れしたいと思うのは当然である.

 

 ウクライナEUに加盟してもなおこの戦争の行方は今は鮮明ではない.しかし、この戦いの終結は、ロシアの敗北でない限り日本の安全は保たれない.もしこのままロシアが勝利するようなことがあれば強大な軍隊で戦えば経済制裁などのソフトな戦争では立ち向かえないという前例が出来てしまうからである.

J1リーグ第17節 対川崎 2-5

 晴れ、気温は17度.この時間帯で半袖でも過ごせる陽気になってきた.昨日の夜は、雷の音と激しい雨の音で目が覚めてしまった.雲間で光るカミナリは幻想的でもあり美しく感じた.

 

 土曜日の試合、DAZNで視聴.結果は2-5と完敗になった.後半の途中までは一時期2-1とリードしていたのだが、相手が小林選手を入れてきた辺りでおかしな雰囲気になり.そこから立て続けに得点を入れられると反撃する力も無かった.

 前半は本当に良い試合をしていた.一点を先制した時はもしかしたら勝てるかもと思い、同点にされた時はやっぱりダメかと思い、コンサ―ドーレが2点目を入れた時は、もしかしたら勝てると思ったところまでは良い気分でテレビを見ていた.

 その後、川崎の反撃に合い同点、更に外人選手が矢継ぎ早で交替で入ってきた時からは防戦一方になってしまった時は、悔しさで画面を見ていられない状態になってしまった.

 

 あれだけ前半走れていたのに後半になると電池切れしてしまうのはもったいない.相手も同時にそれだけ消耗しているはずなのに相手より早く切れてしまうのは、やはりオールコートで走り回るからなのだろう.

 バスケットボールでは、オールコートマンツーマンで一試合戦うことは無い.殆どがゾーンで守り勝負所で切り替えることが殆どである.それだけ体力の消耗が激しいということなのだろう.サッカーも同じに見えるあれだけ走り回ることで後半相手との距離が離れてしまうと途端に防戦一方になってしまう.

 一時期、体力消耗を押さえるためにプレスの位置を低めに抑えることにした時期も有ったが、それもカウンターで得点できるFWの選手がいたからでこそである.自分達が引くことで相手側を前掛にさせて裏を突く.そこに抜け出した選手が得点を決めるという作戦が成功していた.

 しかし、今の状況では、下手に引くと元々ゾーンの守備を練習していないと思われるコンサドーレの選手はボールウォチャーになりやすい.ゴール前を固めていても何故か相手のシュートが選手の間をすり抜けてしまう.やはり慣れなのだと思う.

 そしてGK守備も経験不足から位置取りが上手く行っていない.身長が高い余り腰から下のボールに対する反応が少々劣る.それが相まって相手との一対一に対してシュートのタイミングで一瞬先に動いてしまう.所謂決め打ちである.その一瞬の動きを生み出すために相手に対して詰め寄れていないのだと思う.これも経験というより生まれつきの高身長が災いしているのだと思う.コンサドーレは将来のために中野選手を育てようと思っているのかもしれないが、菅野選手が怪我から復帰してベンチに座ることになったのならまたもや経験不足になる.できるなら大谷選手がサブに回り中野選手はどこかにレンタルし経験を積ませる必要がある.

 ク・ソンユン選手が韓国に戻った時に一時期次のGKは中野選手という雰囲気があった.しかし、すぐに菅野選手が正GKとなり2年以上が経過してしまった.その間の期間中野選手の成長が無いのが残念である.どこかで吹っ切れる必要がある.

 

 そしてFW問題である.コンサドーレの外国籍選手は性格は良いのだが能力は高くない.ドド選手は体格のわりにヘディングが下手でポストが出来なくミラン選手は中々回りと息のあったプレーができない.期待枠とされながら結果が出ないと非常に厳しい.これまで活躍しているルーカス選手もどこかから引き抜きが掛るかもしれない.そんなことを考えると喉から手が出るほど優秀なFWが欲しいのだが、なかなか運営会社からそういった声が聞こえてこないのが残念である.

 コンサドーレは情報統制がしっかりしているのでそういった情報は漏れてこないのだと思うが、7月の移籍期間にこれはというニュースが出てきて欲しいものである.

 その中でベルギーのチームに移籍した鈴木武蔵選手がフリーとなり移籍先を探しているとニュースになっているが、日本の移籍先の候補には神戸とガンバが上がっているのみでコンサドーレは無い.できたら鈴木武蔵選手に復帰して欲しいのだが難しいのだろうか?

混乱は混沌を呼ぶ

 晴れ、気温は16度.直射日光が当たると気温以上の熱を感じる.日中は夏日になりそう.それにしても天気予報はつい数日前までは曇り雨の予報だったのにがらりと変わり土日は晴れの予報に変わった.低気圧と梅雨前線の間のエアーポケットに北海道が入り込んだ格好である.そのため何らかの拍子に天候が変わる可能性もある.予報官泣かせの空模様である.

 

news.yahoo.co.jp

西側諸国のロシアに対する経済制裁が実際のところ綻びがあり失敗しているのではないかと疑心暗鬼に陥るニュース.プーチンの言っていることが本当だとしたら由々しき事態だし、正直に行動している日本にとっても戦争が長引けば経済に影響があるため厳しい状況に陥ることは間違いない.ロシアの経済制裁に加わることで不利益になると考える国が増えれば今の西側諸国の団結に暗い影を落とすことになる.

 

news.yahoo.co.jp

 ご存知のように円安がこのところ加速している.円安に影響はやはり資源を輸入している日本にとって大きな痛手である.石油、天然ガスの購入価格は円安により割高になっているためである.また食品生産の材料となる穀物価格もウクライナ戦争の影響を受けて品薄になっているのが拍車を掛けている状態である.消費者にとって頭の痛い問題である.

 ただし、円安になって売り上げが見かけ上上がる業種もある.日本で売られている物は円安の影響で海外から見れば価格が安いことになる.日本から輸入するものは総じて値下がりした状態になるため輸出量が増える形になる.

 簡単に書いているがそれ以外にも円安が引き起こすバランスの変化により儲ける企業、儲けない企業の差が目に見えて出てくるのも円安の影響が大きい.今まで安定していた物が急に変化するのだから当たり前である.その影響で日本株も連日乱高下している.

 

 更に原材料費の高騰で物の値段が上がってきている.物の値段の上昇と共に個人の所得が上がればよいがそうはいかない.既に日本は工業国というよりもサービス産業が主流になってきており、サービスによる対価はそれ程大きくない.コロナウイルスがまん延するまでは観光という一大産業が有ったが、コロナ過で外国人観光客がストップしたことで大きな打撃を受けてしまった.

 日本は自然災害の多い国であり、今後も大地震、台風などの被害が毎年のごとく起きることは確実で、安定した観光客の流入は望めない可能性もある.サービスというのは人と人が接して初めて利益が生み出されるものであり、それが無ければ枯渇するものである.それが制限された今、実体のないYouTubeSNSなどのコンテンツで金を儲けようとするがあくまでもその流通は国内限定でグローバルなものになりえないところに問題点がある.

 この先何十年かのうちに日本は没落する可能性も否定できない.2030年に自動車が化石燃料を主流としないものに変わる時点で日本の工業力は半減する.それに備えたものは何もない.

 ここで憂いてみてもしょうがないところであるが、日本にとって幸運が訪れることを祈るだけである.

 

 

良心の揺らぎ

 曇り、気温は15度.どんよりした雲が空を覆っている.何時太陽が顔を覗かせるのか判らない状態で爽快感が無い.週末もこのような天候が続くようなので残念である.

 

weathernews.jp

 本州は梅雨入りしている状態だが、来週から梅雨前線の動きが活発化してくるようだ.幸いにして台風等の接近は今のところないのであれだが、長雨が続くと自然災害の恐れが出てくる.この時期になるといつも日本のどこかで集中豪雨の被害がニュースになり犠牲になる人も出てくる.災害の備えは大切で何時でも非常時には安全な所へ避難できるような態勢が必要である.

 

www.youtube.com

 無人販売店で餃子を盗んだということで男女2人が逮捕された.防犯カメラで犯行の一部始終を撮影されていた.犯人は防犯カメラの存在に気付いておりフードを被り、指紋が残らないように工夫しているように見える.

 

 犯行の理由は食べるものを買うお金が無いからとの理由であった.貧すれば鈍するというが、こういった犯罪は動機が直接的なものなのかそういった犯罪をすることで快楽を得る場合とがある.同時に2つを満たしていることも当然あるのだが.

 いつも思うのは、直接的動機がある場合、もしかしたら自分も追い込まれればそうしかねないという心の隙間を抉る感じがある.もし、自分がお金を持たず周りに食べ物が無い状態に追い込まれたらそういった無人販売店の食べ物に手を出すかもしれないという恐怖感である.

 

 無人販売店は、善意を持った人が買い物をしてくれることを期待して設置しているのだろう.更に悪意を持った人が偶然入り込んだ際のために防犯カメラを設置して監視することでそれに対する抑止力にしている.もしかすると無人でなく店員が居れば犯罪を犯さない人であっても無人が故に何らかの不正を行う要素が発生する可能性が出てくるはずである.

 一瞬の心の隙間に悪意の風が吹きお金を払わない或いは金額をごまかすような行為をしでかすような人を誘導する罠ような仕掛けである.

 日本の犯罪率は低い.もし治安の悪い国で無人販売店を開店したなら開店したと同時に店ごと一瞬で消えてしまうところもあるだろう.そんな治安の悪いところで開業しないという正論はあるだろうが、犯罪率が高いところで有るが故にそういった行為を引き起こす閾値はかなり低くなるに違いない.

 そういう意味で日本は、普段は犯罪を起こさないようなグレーな部分の人たちを犯罪に誘導するような罠を街中に仕掛けているのではないかと思われる.

 

 今回の犯人たちも有人の店で同様な行為を働くことは無かっただろうと思う.無人だからこそ簡単に餌をとることができるためその餌に食いついた結果ではないかと思う.人の心はいつも一定ではない.日々あるいは一分ごとに揺らいでいるものである.更にその揺らぎがある中で軽微な悪さをしても誰にも非難され無くなればその揺らぎの振幅も大きくなってくる.

 今回の犯人も何回も犯行を繰り返すうちにその行為に対する良心の呵責を失い.自分の身を守るためには犯罪を実行するのも致し方ないと自分を納得させていたのだと思う.このまま捕まらなければエスカレートして大きな犯罪を行った可能性もある.これだけで終わったのは犯人たちにとっても幸運だったと思う.しかし、本人たちはこれくらいのことでと思っているかもしれない.