うがいはお勧め

 曇り時々雨、気温は22度.北海道上空を温帯低気圧に変わった台風が通過するため雨と強い風に見舞われている.特に宗谷地方は大雨と暴風がひどいらしくそちらの方にお住まいの方々が無事であるようにと思う.

 この雨風も低気圧の通過と共に収まるようで午後からは曇りになっていくようである.更に通過後は気温も上昇するようだ.

www.asahi.com

 つい2日前にでたニュースだったが、吉村知事はマスコミが間違って伝えているとして再度記者会見を行ったようだ.確かのあの時の記事の内容が本当だとしたらトンデモ科学というものである.

 真意は、感染者がいたとしても喉のウイルス数を減らせば感染を減らせるというものだったらしい.一時間違った情報が伝搬したことは色々なところに影響を及ぼしたようで、あっという間にうがい薬が店頭から消えたり、ネットに譲りますの転売ヤーが現れたりと大騒ぎになった.

 うがいは手洗いと同じである.外出から帰ってきたときとか、職場内、家庭でクラスターを少しでも引き起こさないための予防策である.やらないよりやった方が良いわけで、これでうがいが間違いというわけではないことを知って欲しいと思う.

 

ルヴァンカップ グループステージ第3戦 札幌vs広島 2-1

 曇り、気温は23度.蒸すという表現が相応しい陽気である.これも北海道上空に掛る梅雨前線の影響である.この前線も台風の通過と共に消え去るのだろうが、この時期にこういった前線が掛るのはあまり経験したことが無い.

 今まで北海道の夏、特に8月は晴れの日が続く記憶しかない.

 

www.jleague.jp

 昨日は、厚別でルヴァンカップの試合があった.新型コロナウィルスの感染が落ち着いていない状況で現地に行くのは中々困難である.更にルヴァンカップのためだけにスカパーに加入するのはもったいないということで、Jリーグのサイトで試合速報を見ながら一喜一憂することになる.

 試合内容は、リンクのページで確認してもらいたいが、STVの朝のニュースで得点シーンだけ映像が流れていたが、最初にCKからドウグラス選手の折り返しから金子選手がゴール前の多くの選手の体をすり抜ける見事なシュートを決めて先制する.その後、コンサドーレもゴール前でパスをカットされ相手に直ぐに同点に追いつかれる嫌な展開となる.

 それでも幸運にも相手ゴール前で相手のミスパスを拾ったドウグラス選手の勝ち越しシュートで追加点を奪うと、その後は試合を何とか凌ぎ勝利を収める結果となった.

 普段試合に出ていない選手たちのコンビネーションも中々会わなかったようだが、これも試合に出続けることで何とかなるのではないかと思う.

 リーグ戦の試合には中々ベンチ入りも難しい状況で貴重なカップ戦だが、今年は勝ち抜かないと試合数は増えない.試合に出るためにもルヴァンカップは勝ち抜く必要がある.レギュラーあるいはベンチ入りを目指すためにも選手たちは実力を発揮して欲しい.

 ベンチ入りしながらも試合に出られなかった濱選手、檀崎選手、阿波加選手たちは、使ってもらうための努力が本当に必要である.がんばれ!!

うがい薬は有効?水で十分じゃない

 曇り、先ほどまで雨が降っていたが7時と同時に止んだ.その後は熱気がこもった空気が体に纏わりつくような感じになった.不快指数で言えば80%というところか.

www.youtube.com

 吉村知事のこの発言から急に市場から消えてしまったとのうわさのうがい薬であるが、ここで言われているような重症化を抑える効果は、少し言い過ぎだろうと思う.

news.yahoo.co.jp

 もし新型コロナウイルスに感染していて、感染確認のために口腔拭い液採取の前にヨードでうがいをしていると検査の結果が陰性になるかもしれないが、体内にあるウイルスは減らずに後に重症化するあるいはその期間に他の人にうつしてしまう可能性が高まると同じ事ということになる.

 うがいするのは構わないが、もし検査をするなら鼻腔からの検体採取で行うべきだろう.その位デリケートな検査を行うことを知ってうがいをするのは問題ないし、水でうがいすることの方が刺激が少なく何度もうがいが出来てローコストだと思う.

 

 道内でもクラスターが発生し合比締めており、5月頃の状況の再燃を疑わせる.今回は、道内が発生源というよりか、感染地域からの流入(人の移動)による感染が疑われる.

 国方針である経済を止めないために人の移動の制限は解除されたが、やはり、人の移動が活発になればなるほど感染の危険性は高まるということになるので注意が必要である.

 

 

新型コロナウィルスに特効薬はないらしい

 曇り、気温は22度.雨上がりのため湿気が凄い.今週は殆どこんな天気になるようなので8月の夏はあっという間に過ぎていきそうである.また8日には台風或いは温帯低気圧が北海道に近付くため週末は大荒れになりそうである.

news.livedoor.com

 少し気掛かりなニュース.WHOが新型コロナウィルスの特効薬は存在しない可能性があるとの見解を示した.

 これまで新型コロナウイルスの収束には特効薬とワクチンが必須と考えていたのでもし本当だとしたらショックが大きい.

 特効薬が無いとしたらワクチンはと考えるが、これは自分も簡単に製造できるとは信じていない.失敗を繰り返し進んでいくものだと思う.

 そうなればやはり社会的集団免疫獲得が人類にとっての早道になるのだろうか?それも変異するウイルスに対してワクチンと同様無力化されるのだろう.

 今の医療が昔と比べて進歩しているのでスペイン風邪の流行よりも死亡する人は少なくなってきているが、それでも重症化する人はいる.その中で何回世界的流行を繰り返せば収束するのか想像もつかない.

 新型コロナウィルスが軽症化することで社会は徐々に正常化するのだろうが、時折、重症化するウイルスが広がることがあればその正常化のゴールが見えないことになる.

 このウイルスが重症化しない形で落ち着くことを祈るしかない.しかし、誰に祈るというのだろう.

 

 

第8節 札幌vs神戸 2-3

 曇り、気温は22度.気温の割には風が強いために暑さを感じさせない.

 

 日曜日の札幌ドームでの試合、色々盛りだくさんの時に限って勝てない時が多いよう思う.この試合の前までコンサドーレの戦いを褒めちぎるニュースが溢れ、何となく足元が地についていないようで心配だった.

 

 試合開始早々、コンサドーレの選手たちは全選手が能動的に走ることで相手を圧倒する.対する神戸は、前線からのプレスを諦めじっくりと待機戦法に出る.ボールを支配されていることを最初から許容しているようだった.

 その中で高嶺選手の惜しいシュートがあった.あれが決まっていたらもう少し大人しい動きが出来たのだろうが、それが決まらず荒野選手の先取点が決まるまで相当ダッシュを繰り返していたので、同点弾、勝ち越し弾を食らった時は、疲労が溜まり相手にプレスがかからなくなってきてしまったところだった.

 更に言えば相手の同点弾を食らった時は、ドゥグラス選手にDF3人が寄ってしまい対角の山口選手をドフリーにするという守備でのミスで失点してしまったところなどは、攻撃重視のコンサドーレの弱点が垣間見えた.

 それでも後半、半ばラッキーな荒野選手の得点が決まり一時同点とし、少しほっとしたのも束の間、進藤選手のキックミスから相手に奪われてしまい追加点を与えてしまった.

 あの時のコンサドーレは選手全員足が止まりアップアップの状態だった.以前も好調な時、全選手が走り回り終盤足が止まったところで相手に反撃を食らったことが何度あったことか、その時もペース配分の必要性をここに載せた気がする.

 

 コンサドーレの選手層が今の倍くらい厚く、交代選手が同等だったら問題は無かった.水曜、走り回った選手たちを休ませて試合に出場させただろう.そして5人の交代枠を使い上手くコントロールできただろう.

 ミシャ監督は、少ない選手層で戦う場合も、その時調子の良い選手を連続して使うというセオリーがあり、それはどのチームで指揮をとっても変わらない.この試合も、前節、体調不良で出なかった田中選手が変わって出たくらいで、そういったところを変えるとミシャ監督ではない監督でも指揮をとれるということなのだろう.

 それにしても、ジェイ選手が何故かスタンドから観戦するなど、札幌にとって負傷欠場が増えてきている.このまま選手が欠けて行けばACL出場権などは無理すじということになるし、この先、生きのよい選手が加入しなければ選手たちは疲労で倒れていくだろう.そういった未来が見えている.

 

 コンサドーレの今の戦いは、選手たちの足が止まった時点で破綻する.果たしってこの先超人的な能力を選手たちが身に着けるのか、それとも選手たちの疲労に合わせて戦術を切り替えていくのかミシャ監督の腕の見せ所である.今シーズンはミシャ監督の集大成を見せるというシーズンになると言っていたのにコロナの影響で上手く軌道に乗っていない.そのあったりの立て直しが上手く機能することを祈るのみである.

コロナ禍からの地方移転を進めるべき

 晴れ、気温は21度.外に出ると直射日光が肌を刺す良い天気となっている.間違いなく30度を超えるのではないだろうか.

www.news24.jp

 東京を筆頭に全国各地で感染が広まっている.こんなニュースを聞くと身近に迫っていることに対する恐怖の念が先に立つ.

 東京は、ただでさえ人と人との距離が近く、更に娯楽と呼ばれるものは全て備えており若者が自由に行動すれば、感染が広まるのは当たり前のことである.

 非常事態宣言を出すタイミングを逸しているため、今更宣言を出したところでという感じにもなるが、軽症者が多い今だからこそ出すべきとは思う.前のも書いたがこれでは経済も死んでしまうことになりかねない.

 8月の暑い時期を迎え夏休みを早めに取る感覚でやるしかないのではないだろうか.ひとまず感染者が多発している東京、大阪、愛知、福岡は人の行き来を抑えるべきだろう.

 

 コロナ禍が起きたとき少し話題になった東京一極集中の解除というのが、今更話題に昇らなくなってしまった.行政機関の東京からの移転は最初に政府が行うべき事業である.

 第一次産業は、東京には無く第2次産業も大きな工場などは、東京にはない.あるのは第3次産業と呼ばれるものばかりである.その点で言えば国会なども率先して移転すべき時期に来ている.それを実行する端緒を付ければ安倍内閣の功績の一つになるのではないだろうか.

 

 暑い夏に熱を出して体力が弱れば死亡する人も増えてくると思われる.ぜひこの機会にテレワークの利点を生かし、地方に移住するのも人生の選択肢としてあるだろう.

 

世界は混乱する

 曇り、気温は18度.風がなくひんやりとしているが、日中は30度近く気温は上昇する.

www.yomiuri.co.jp

 今まで自由な発言を認められていた香港で、国家安全維持法ができた途端、逮捕されるという事実に対して、日本人はマスコミはどう思っているのだろう.国民の何割かは他国のことに対して無関心だろうし、マスコミは囃したてるだけで何の力を持たない.

 自分たちの未来がそうなったらという仮定で考えてみると良いだろうが、それさえもしない国民を作り出したのは、教育というものではないのだろうか?

article.auone.jp

 そして、お隣の中国と海を挟んで存在する台湾は、常に中国から圧力を受け続けてきた.それは、台湾独立を認めないという強い圧力である.

 もし、台湾も中国の一部になれば香港と同じように自由を制限される国となる.それを身近に感じている国の一つだろう.しかし、台湾内部にも中国と一つになろうと勢力が存在する.彼らは、香港を見ても同じ考えを貫き通すのだろうか?

www.newsweekjapan.jp

 この記事は、ニューズウィーク日本版なので、アメリカ国内で発信された記事ではない.情報源は、ワシントンのシンクタンク戦略国際問題研究所の調査報告書による.

 その中で、自民党の二階幹事長、今井首相補佐官、森まさこ法務大臣の名前が取り上げられている.日本をアメリカから引き離し中国寄りにしようと企てている仲間ということになる.

 確かにまだ大国ではない中国は日本から技術協力を得るために表向きは友好的だった.本当に友好的だったのかそうでないかは既にこの世を去っているために確認しようがないが、貧しい今の国を反映させるために手っ取り早い方法は日本と仲良くすることだった.その後、順調に経済発展を遂げ日本を凌ぐ技術力を持つようになり、態度は豹変したと言って良い.丁度普通の人が一山当てて小金持ちになり威張り散らす様と同様である.国力が付けば他の国に対して威圧する態度を取るのは人間の業である.

 未来の世界を考えるに中国が覇権を握る考えた場合、どちらにつくのが有効か考える輩が出てくるのは仕方がない.彼らを助けることで利益が戻ってくるのならそれで良いと単純に考えればである.

 しかし、一端世界の覇権を握り他の国に影響力を及ぼすようになれば、中国が求めるのは香港と同様な国である.彼らの近くに居れば居るほど影響力が及ぶ.

 簡単な理論で言えば何を得るか得られないかの理論で言えば、制限された自由化、制限された自由である.今までの常識で考えれば自由を制限されることに抵抗しなければならないはずなのに、自由を制限されることを望む輩が権力を持っていることが問題なのである.

 マスコミにも言えるのだが、本来の自由がなくなれば情報を発信することに制限が加えられ権力のご機嫌を伺う記事しか書けないのを判っているはずなのに、日本より中国の方が幸せだと思っている人間が多数混じっていることである.

 そうした行動が許されるのも自由主義国家の一員である日本という国があるからこそなのにそれが中国かすればどうなるか感じていないところに問題があるのである.

 日本が日中友好条約を結んだ時、多くの国民は、中国が共産主義を辞めいつかは自由主義国家に生まれ変わると夢見ていた.残念ながらその期待は裏切られたことになる.