死に方を考える

 晴れ、気温は1度.とうとう氷点下近くまで気温は下がってしまった.街並みの紅葉もここ2,3日で進み赤や黄色が目立つようになっている.それでもまだ緑色をした葉を茂らせた木もあるので来週がピークだろうか.

toyokeizai.net

同時入院した「理想の夫婦」が迎えた衝撃の結末 | 漫画 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 東洋経済オンラインに取り上げられている話が高齢化社会の現実を見せつけられる.

 漫画『お別れホスピタル』の一話である.この話は、理想の夫婦と思われていたのに実は違うという話なのだが、その舞台というのが、終末期医療を扱うホスピスである.

 既に高齢化社会が進む日本にとってこういう環境にあり、夫婦が健康で過ごしていてもいつかは夫婦そろって同じ病室に入院する時が来るようになる可能性が高く、核家族の今の時代、終末期は家族ではなくこういった病院、施設で最後の時を迎えるようになる.

 この話を読んでいて感じたのは、夫婦の在り方というよりも、自分が最後を迎える場所はどこなのかということなのである.こういった病院、施設、あるいは自宅など色々な場所が考えられるが、そのなくなる場所を老いてしまえば殆どの人が選択できないことである.

 自分の無くなる場所を選択できるのは恵まれた人で、多くは家族の希望であり、あるいはその家族もいない人は、誰かも知らない人の世話になることになる.それが現実である.

 自分で死ぬ場所を決められたのは、はるか昔のことだったのかもしれない.生まれたときには何時死ぬかまだ決まってはいない中、虐待で幼いまま死んでしまう人もいれば若い時に交通事故で命を落とす人もいる.その人の運命は判らないまま幸運に恵まれ長生きをして平均寿命を迎えて死ぬ際に死に方を選べるのは本当に幸運なことなのだろう.しかし、人は、その幸運さに中々気付けない.それは、自分の死を受け入れることに納得していないからである.

 そういったことを考えないで死ぬのも一つの生き方であるが、一度、考えてしまうと心に棘が刺さったようになってくる人もいるだろう.そういう人は、何時もは忘れているのにふとしたきっかけで思い出し、自分の死に方を考えるようになる.

 死というのは、人生の中で生きるということと切っても切り離せないものである.

 

アメリカ大統領選挙は佳境に入る

 晴れ、気温は2度.この秋最低の冷え込みとなった.放射冷却現象が効いているのだろう.予報では明日から気温が高くなるとのことだったが、今の気温からは想像ができない.

 

 アメリカの大統領選挙も終盤戦を迎えている.今の日本にとってアメリカの大統領が誰になるか大きな問題である.バイデンが大統領になっても日米関係は変わらないと言われているが、対中、対ロの政策変更はありうるわけで、対北の政策も当然今までのやり方と異なるものになっていくだろう.

 その中で、何故トランプは大統領に再選されなければならないかの解説記事がある.

www.fsight.jp

トランプ大統領を「命がけ選挙」に駆り立てる「破産」「訴追」の恐怖:杉田弘毅 | 記事 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト

 簡単に言えば、大統領選挙で敗北した場合、トランプは破産と訴追が待っているという内容である.その中で、アメリカ国内の資産は、大きく目減りをしており相当な借金を抱えている.更にその借金の返済にロシアのコネクションを利用し、大逆転を狙っているというのである.そのロシアの核心はプーチン大統領であり、深い結びつきがあるとの記事である.

 

 この話が本当であれば、死に物狂いで選挙を戦うしかない.コロナウイルスに掛ろうが何しようが、あるいは汚い手を使おうが負ければゼロになるのだからなりふり構わない.最近の彼の演説は度を越しているのではないかと思うが、その必死さがなせる業なのだろう.人間瀬戸際に立つと空中でも何かを掴もうと必死でもがくものである.

 きっと彼にとってコロナウイルスは禍でしかなかった.本来なら何も問題なく再選できると読んでいただろう.その慢心がコロナウイルスに対して上手く対応できなかった所以だろう.

 素直に対策を取っていれば、結果的には同じだったかもしれないが国を救った大統領と讃えられたかもしれない.その瀬戸際をなぜか彼は選択を誤った.

 

 選挙結果は、来月の11月に決まるのであるが、トランプが本当に今の世論結果を逆転するなら何か大きなことが起きなければ無理だろうと思う.そういった危機を彼が作り出せるとは思わないが、その領域に来ているのは間違いない.

 

 

 

Jリーグ 23節 vs 鹿島 1-0

 晴れ、気温は5度.秋晴れの良い天気で街路樹の広葉樹も赤や黄色に変化してきている.来週くらいがピークになりそうである.

 

 昨日は本当に久しぶりにドームに行ってきた.ドームに11時頃に到着し入場したが何時もなら人でごった返す通路も普通に歩けるなど、入場者数が減ったなと感じた.今日からアウエーも開放し、それなりにアウエー席は入っていたが、コンサドーレ側は、席を一つずつ開けているためか見た目よりは入っていなかった.このドームを満員にするのにどれほどの時間が必要になるのだろう.

 

 この日は、ミシャ監督の誕生日ということで是非とも勝利でお祝いしたいところ.日本に18年間、63歳のこの日まで日本サッカーの発展に寄与してくれた.本当に凄いと思う.広島、浦和、札幌とタイトルに縁がない男と言われながらも日本で監督をしているのもそれだけ評価が高いということになる.是非、コンサドーレJリーグ優勝というタイトルを勝ち取って欲しい.

 

 今日の試合から、アウエー席の解放と、太鼓の応援が可能になった.それでも太鼓の音が常時鳴り響くのではなく、殆どが手拍子での応援で、これはこれで良いのではないかと思う.

 これは個人の勝手な意見なのだが、ホームの最終戦は、和太鼓チームが参加してもらい、会場内を響かせるというのはどうだろうか思う.それまでに声出しが可能になるならあれだが、今シーズンは無理だろうと思うからである.

 

 試合は、コンサドーレの相手選手への強いアプローチが実り、お互い火花を散らすような戦いだった.コンサドーレが強いプレスを掛ければ、相手の鹿島もそれを交わそうと選手が走りパスをつなげる.相手へのプレスが弱くなれば当然相手のチャンスが広がるわけで、そうさせないと体を投げ出し、足をボールに届けと伸ばす姿は、プロスポーツの醍醐味を感じさせた.

 

 そのお互いのやり取りの中で、ゴールを決めたのは、コンサドーレの方だった.相手のゴール前でボールの跳ね返りを宮澤選手が冷静に左サイドの福森選手に出し.福森選手もゴール前に飛び込んできた駒井選手にパス.それを駒井選手が上手く流し込んで先制する.

 

 今日は、久しぶりの0トップで、誰が点を取るのか判らない状態.よくぞ得点を入れたと思う.何時もならゴール前に攻め込むがフィニッシュが決まらず天を仰ぐばかりだったので、今日は、少し安心して見て居られた.

 

 後半に入り同点にしようとする鹿島も選手をどんどん変えてくる.さすが鹿島で、交代選手が生きのいい選手ばかり、上田選手などは日本代表なのに控えに回るほどである.それでも、コンサドーレの粘りの守備と時折ゴール前に攻め込むのだが、肝心の追加点が奪えず、見ている方はこのまま試合が終われと試合時間ばかりも気にしてしまう.

 最後の最後で鹿島の上田選手のシュートがポストに当たり、その後、数分で試合終了.何やかやとあったが、今季鹿島相手に連勝する快挙を達成した.川崎同様苦手なチームだったのにこの結果は上出来である.

 

 試合後選手たちがフィールドを一周するのを見て岐路に着いた.今季初めてのドームで勝利試合を見ることが出来て幸運である.本当に来る前は、最初から勝てるとは思っていなかったからである.

 

 次節は、横浜FCとドームで試合がある.この試合でキムミンテ選手が累積で欠場決定し、田中選手もアイシングして早々とロッカールームに戻ったので、DF陣が誰になるかちょっと心配.それでも今季は降格が無いのだからチーム一丸で試合に向かって欲しい.

 

イメージダウンにつながってしまう

 晴れ、気温は4度.すがすがしい朝である.

 紅葉も進み、今が丁度見ごろで、場所によっては既に枯れ木の山になっているところもありそうである.

mainichi.jp

際立つ菅首相の消極姿勢 学術会議側の要望塩漬け 初のトップ会談 - 毎日新聞

 この問題でひときわ目立つ報道を繰り返している毎日新聞.昨日の学術会議会長が総理との会談を行った結果に大きな期待をしていたようで、その進展の無さにがっかりしているのが記事から感じられる.

 毎日新聞的には、会長が強く首相に詰め寄り、任命拒否の理由を問いただす図を描いていており、その結果を記事にする予定でいたのだと思う.

 マスコミの、会談後の会長にインタビューを求めている記者たちも、何故、首相に任命拒否理由を問いたださなかったのか非難しているようだった.

 インタビューの詳細はこちらの産経新聞の記事が詳しい.

 普通に考えて、いくらノーベル賞受賞者だとしてもそれほど政治力を持っている人は少ない.強く首相にモノが言える人だとしたらそちらの方に時間を取られ研究一筋に生きる時間がないのではないだろうか.その辺りを攻める記者たちの遠慮なさは読んでいて恐ろしささえ感じる.

 今まで、反菅政権のマスコミ、野党は、表立って意見の言える元会長などを前面に押し出して日本学術会議は政府の方針に大反対であるとキャンペーンを張ってきた.確かに、それに呼応するように複数の学会が任命拒否に反対との声明を出してきた.

 あたかも多くの学者が政府の方針に反対しているという情報を流すことで世論を焚き付けようとしていた.しかし、きっと研究一筋の学者にとって政治の世界に影響されるのは迷惑であり係りたくないことの一つであろうと思う.特に理系の学者にとって巻き込まれたくないとの思いが強いだろう.

 政治に積極的に関わろうとするのは、やはり人文系の学者が主で、新聞の記事に意見を求められるような人たちの多くはその方面の人たちである.こちら系は、マスコミに係ることで評価を得るという目的があるため積極的に政治的発言をする.テレビのコメンテーターの多くは法律、経済といった人たちで占められているのはそのせいである.

 今回のコロナ禍で多くの医系の学者の方がテレビに登場したが、それほど長期に出演しているのはやはり偏った人ばかりの印象が強く、大半が単発の出演で終わっている印象である.

 

 今回の会談で見えてきたことは、日本学術会議という今まで国民の目にはあまり見えていなかった組織が脚光を浴びてしまったことで、その中の人たちが戸惑っている姿である.現会長がそういったことに慣れており、マスコミの流れに積極的に乗っかるような人だったならもっと炎が上がっただろうが、そうではないためこの先この話題は急速にしぼんでいくのだろうなということである.

 マスコミや野党にとって格好の反菅政権の材料を見つけたのにと思い始めているだろう.振り上げたこぶしをどこに着地させようか判っていない.

 この前も書いたが、任命を拒否された6人の再任命はあり得ない.いくらマスコミや野党が望んでも希望は叶うことはないだろう.繰り返すが、任命すれば政権の求心力は失われるし、これが理由で解散総選挙に行くなら国民はなぜ解散したのだろうと思うだろう.多くの国民は、学問の自由を否定されたと感じていないし、まずはこのコロナ禍の経済の落ち込みを解消して欲しいと願っているからである、

 

 ただ、この問題を振り返ってみると、国民の世論という錦の御旗を掲げて報道するマスコミが国民の世論と少しかけ離れているのではないかということである.今回の問題騒げば騒ぐほど、一部の権威を求める学者の思惑が見えてきて、却って世間一般の人が考えるところの「清く正しく」という印象を翻してしまった感がある.

 もし世間一般の人が持つ印象を維持するには、こういった任命問題で騒ぐより、選ばれた学者の皆様は国民のために科学が発展することを望んで色々な活動をしているという姿を見せるべきだったのだと思う.政府に対する提言や答申の中身などの実際の活動が全てだったと思う.

 

 

 

 

本当に大失敗?

 曇り、気温は3度.空は黒に近い灰色の雲が覆っている.今にも雨か雪が降りそうである.

 冬が近づいている陽気なのに、21日から高温になるという話がある.そんなことがあるのかと疑うがそうらしい.

mainichi.jp

学術会議「最初の大失敗」 “せっかち”菅政権1カ月 成果に躍起、怠る説明 - 毎日新聞

 このブログのリンク貼り付け機能に相手先の記事の埋め込み機能があり便利だと使っていたが、後で見返すと元記事が消えてしまうと空白になってしまうことが判った.

 インターネットの良いところは記録を残すということなのだが、訴訟を恐れてなのか元記事は早く消えてしまう.これだとアナログよりもっと悪いことになる.

 

 本題に移ると菅政権が出来て一月が経つ.政権が誕生した時、今まで反安倍色を鮮明にしていた新聞社も一端様子見に入った.それは、安倍政権の支持率が予想以上に高く、更にその後できた菅政権の支持率も高いことが影響していたと思う.

 しかし、すぐに日本学術会議の話題で火が付くと反安倍だったマスコミの多くは、その話題に飛びついた.所謂「学問の自由」論争である.

 この問題を足掛かりに菅政権の出鼻をくじこうという思惑はどこにあるか不明である.何か良いことがあるらしい.その一つは、部数を落としてきた新聞社にとって購買層は、60歳代以上のインテリ層であると言われている.その読者層を手放したくないという点が一つ.

 もう一つは、菅政権の人気を少しでも落とすことで利益を得る人たちである.今回、新政権が誕生した時の世論調査の一つに政党支持率というデータがあった.その頃同時に野党の再編成があり、立憲民主党が名前も同じで誕生した.その支持率は、NHKの調査で5.8%だった.ちなみに自民党は37%であり、支持政党なしが40.3%という結果だった.深読みすれば支持政党なしが自民党に行かないようにするための策略と感じるがどうだろう.

 自民党の支持率が低調で、他の野党も軒並み低い現状であるので単一の野党に肩入れするということではないようである.標的は菅政権であり自民党の支持率をこれ以上上げたくない.この状況でいかに日本の政治を混乱させたいということなのだろう.

 こんなことを書いていると陰謀論者と思われるかも知らないが、自国の利益のために他国を貶めるというのは政略の一つであり、米中対立が進む中、アメリカにべったりな日本が狙われないわけがない.

 また、国内の情報は、インターネット上に保管されるようになり情報戦争はどんどん進んでいる.今は、クラウド等に情報を保管することに抵抗はないと思われるが、そんな安全性はいつかは破られる.破られるごとにそれを防ごうと努力を重ねるのだろうが、鍵を作る職人が泥棒に転向してしまえば安全性もあったものではない.

 

 日本学術会議の件、騒動が起きてから、行政改革の一つとして見直すという流れが出来てしまった.最終的に民間に移行という意見も出てきたところで、政府の方針に反対していてもメリットが無いと思う人たちが出てくることを政府は期待しているのかもしれない.少なくとも政府に協力的な諮問機関にしたいと思っているのは確かだろう.

 今回の騒動を持ち上げて議論になったが、任命されなかった6名が、追加で任命されるようなことは絶対起きないだろう.それこそ任命したら菅政権が持たないだろう.国会で議論しようとしている野党は、どこに落としどころを持ってくるのか不明である.これが原因で解散総選挙が行われて果たして彼らにメリットはあるのだろうか?はなはだ疑問に思えてきている.

Jリーグ 第22節 vs 名古屋 0-3

 曇り、気温は5度.手稲山にも雪が積もったようだ.この寒さは続かないがそれでも1週間単位で見れば寒さは徐々に厳しくなる.

 

 昨日は、水曜日だけれどJリーグの試合が行われた.行われたという事実があってもそれを忘れてしまいたいと思わせる試合だった.

 

 名古屋との試合、本来ならターンオーバーをして選手の疲労の蓄積を抑えたいところだが、ジェイ選手、チャナティップ選手ともに怪我で、進藤選手、深井選手も帯同していない状況で先週末勝利した陣容で臨む形となった.

 その影響は確実に出た.一つはGKからのビルドアップのところである.相手の名古屋は積極的に前線の選手を前にあげコンサドーレのビルドアップにプレスを掛けてくる.調子の良い時なら味方同士で3角形を作りパス回しで相手のプレスを交わすのだが、大学生の小次郎選手は、その辺りが慣れていなくプレスが掛ると大きく前に蹴りだす.ポストプレーがもともと苦手なロペス選手にボールを預けてもキープできず殆ど相手ボールになり一時的にしのげるが相手のターンとなる繰り返しにより疲労が蓄積する.

 本当に動きが悪かった.あの選手たちを休ますことができないチーム状況は最低である.そのため監督が幾ら選手の名前を叫んでも上手く機能していないのがあからさまに判ってしまう.

 監督の采配の意図は、来期に向けた使える選手の選抜だろうが、このままでは選手達も精神的につぶれてしまう恐れがある.ミシャ流に憧れて加入した選手もそろそろ何か打開策を与えて欲しいと考え始めているのではないだろうか.

 今の状況は、試合で鍛える状況だが、負けが続くと心を鍛えるための栄養が足りなくなるおそれがある.

 疲れているのだろうと思うのは、ゴール前の粘りが無いことである.本来なら不慣れなGKの小次郎選手を助けるために体を張ったプレーが求められるのだが、一つのプレーが終わるとそこで棒立ちになってしまう.昨日の試合も、GKがシュートをはじいた時点で体が止まりボールウォッチャーになる姿がこのところ続いている.

 

 試合を振り返ると1点目は、GKにキャッチして欲しかった.1回目のシュートを体で弾くのは仕方がないが、2回目に打たれた時は、体の中心だったからキャッチしなければと思う.弾くなら大きく弾かないといけないだろう.大学ではあの至近距離で強烈なシュートを打たれることはまずないだろうからプロの洗礼ということである.

 2点目は、その前のプレーで簡単にファールしたところだろう.その部分がまずかったがFKは無回転で普通のGKなら動けない.あれを取れたらスーパーなGKになる.

 2点を入れられ意気消沈した姿が画面からアップで映されていたが、下を向くには早すぎる.その挽回の時は何回かあったのだが、クロスが絶望的に合わない.きっと意思疎通が無いのだろう.ゴール前の選手が動けないのか、クロスを上げる選手が単純に上げているだけかもしれない.

 その中でこの試合一番の決定機は、FKからルーカス選手が上げたボールを高嶺選手がヘッドでシュートを打ちポストに当てたときくらいだろう.それ以外は、シュートは枠に行かず夢も希望もない場面ばかりであった.

 負け試合は、文句ばかりが次々と出てきてしまう.選手たちの疲労を思えば相当辛い試合を戦っていると思う.それが判っているだけに周りのサポートが必要である.明らかに動きの悪い選手はやはり休ませるべきである.代わりに出る選手がいないわけではない.まだベンチ入りすらしていない選手が数人いるわけでその選手が期待されるレベルに達していないのなら試合に出られないのは分かるが、若手選手は試合に出て大きく成長する部分も大きい.疲れて思うように動けない選手を起用し続けるのもどうかと思う.

 というわけでコンサドーレの絶対的な力負けで試合は終わった.次の試合は鹿嶋との試合で久し振りに応援にドームに行こうと思っているが、果たしてどうなることだろう.

日本代表 コートジボワール戦 1-0

 晴れ、気温は5度.いよいよ明日の朝には峠で初雪ということになりそうである.これも北海道上空にある高気圧が持ち込んだシベリア寒気団の冷気によるものである.季節の移り変わりというのは自動的に進んでいく.

 

news.yahoo.co.jp

 昨日の試合、開始が夜中ということで録画しておいて朝見ようと思っていたが、夜中の1時頃に目が覚め、そのまま録画を再生しながら試合を見ていた.

 それほどにまで代表の試合を見ることはないのだけれど、元コンサドーレ鈴木武蔵選手が先発するとの情報があり、本当に先発しているか確認してみると先発だったのでそのまま見た感じである.

 試合は、ニュース通りの結果なのだが、日本の放送で気になった点は、スターシステムの移り変わりである.最近ならポルトガルに居る中島選手であり、その後に南野選手が、そして今回は久保選手が一押しの扱いになっている.その持ち上げ方が見ている方にとって嫌らしく見えるのは、やはり放送局の姿勢だろう.

 久保選手は、今所属しているチームで出場時間が少ないため話題になっているが、今日の試合を見て思ったのは、先発できない理由である.パスやドリブルの精度が以前より劣っているように見えることである.この切れがチームでも同じなら監督は使わないだろう.試合を通して良いプレーもあったが、試合開始当初の鈴木選手からの折り返しのパスを大きく吹かしたシュートなど、あれは枠に飛ばすべきである.そうでなければこのスターシステムが成り立たないからである.

 そんな久保選手でも、解説に入っていた福田さんは褒める.それに対して鈴木選手は、大迫選手と比較され、前の試合の大迫選手のプレーはそれほど良くなかったにも関わらず、絶好調の時と比較されポストプレーができない等の評価をされる.裏抜けし、シュートまで持ち込んだプレーは評価せずである.前回のカメルーン戦では、大迫選手はシュートさえ打てていなかった.

 更にポストプレーについても確かに苦手だけれど鈴木選手がボールを収めたときに周りの味方が余りにも離れすぎている.それでボールを保持するために相手の2,3人がかりの守備を突破するのは余程一流でなければ無理である.ボールを保持するには今の日本代表ではコンビネーションでするしかない.

 久保選手には手放しで褒めるくせに鈴木選手には辛らつな言葉を投げかける解説には聞いてて頭にくるものだった.

 そういうことで鈴木選手が交代で退いた後は興味を失ったのだけれども、試合は圧倒された日本代表がロスタイムのセットプレーから1点を入れ勝利する結果となった.コートジボワールがチャンスを決めきれなかったともいえる試合だったので日本代表の強さというところは見せつけられなかった.