GSOMIA

 雨、気温は17度.朝カーテンを開けると外は雨だった.その雨も未だに降りやまず外に出ると傘を差しても足元が濡れるほどの強さになっている.今日一日この雨が続くようである.

headlines.yahoo.co.jp

 

GSOMIAの問題、ニュース記事中の書いてあるが、アメリカの要望で朴槿恵元大統領の下で2016年締結された協定である.日が浅く実質的には、韓国軍のレーダー照射事件などがあり、韓国軍にとってはあまり喜ばしくない協定だったのかもしれない.

 また文政権にとって朴槿恵が行った政策だからなおのこと廃棄したくてたまらなかったのだろう.だから簡単に協定を破棄したものと思われる.今回もまた文は日本側に責任を押し付けるような形で自分たちの行いは正しいとのたまうのだろう.

 

 今回の日韓関係がおかしくなったのは、元はと言えば、朴槿恵に代わって大統領になった文が南北統一には日本が邪魔だとばかりに反日政策に大幅に舵を切ったからである.それまで朴政権が日本と結んだすべての関係を反故にし日本と溝を作ることで北朝鮮との関係がよくなると踏んだからである.

 彼らにとって日本は南北統一までは共通の敵として認識しなければならないからである.日本にとって良い迷惑でしかない.

 

 

mainichi.jp

www.asahi.com

 何時も日本に譲歩を求める毎日新聞朝日新聞がどのように記事にしているか見てみると両紙ともかなり驚いているようである.予想外のことに記事が用意できていなかったのかもしれない.この後、日本政府に譲歩を求め日韓関係の関係改善についての記事が必ず出るはずとは思うがまだ無いようだ.

jp.yna.co.kr

韓国紙はどうかと思い見てみると、破棄について淡々と情報を発表する形になっている.今回の件日本側が仕掛けたものではなく、韓国が独自で取った行動故、大ぴらに日本を非難するわけにもいかなかったのだろう.更に心配は日本というよりアメリカとの関係である.

 

 今後、米韓との軍事協定の問題になるだろう.それに関して日本がとやかく言うこともできない.現に米韓演習も行われアメリカ軍との協力は今後もしていきたいのだろう.しかし、根底に流れているのは南北統一が図れればアメリカ軍は韓国内から撤退して欲しいと望んでいるだろう.それまでは、アメリカ軍との協力関係を維持したいということである.

 しかし、これまでなぜか北朝鮮との統一に前のめりになっている文だが、もうすでに声を掛けている相手は金正恩ではなく北朝鮮の国民に向けてなのだろう.彼らが自分たちの仲間になれば金正恩など必要が無いという感じなのだろう.そうとしか考えられない.南北統一の実現に向けて周囲の条件も気にしないというのは、ろうそくデモで朴槿恵を倒した国民性というものなのか、それとも文独自の気質からくるものなのかもしれない.上に立とうと思う人間は、一般人の常識を超える.ある意味自分に酔うタイプ、自己陶酔型の人間気質の成せる業というものだろう.

 

 

煽り運転報道

 曇り、気温は19度.風があるので肌寒い.今週は曇りか雨なので夏らしさはすっかり無くなった.

www.sankei.com

 この事件が起きマスコミが過熱報道していたのにもかかわらず、それを振り返って過剰反応であるという論調がちらほら出ている.

 

 そもそもこの事件がこれだけ取り上げられたかというと、やはり映像があったからと多くの人が身近に感じ自分も被害者になるのではないかという恐怖心を煽ったからだと思う.

 この事件に映像が無ければ何もなくスル―されていた可能性が高い.更にマスコミのマッチポンプもかなり影響はあった.テレビなどは格好のワイドショーネタとして使われやすかったということも理由にある.

 

 今回、この報道の過熱ぶりを批判するのは、この事件の罪が左程大きくないからである.この程度なら実質、罰金刑程度で懲役になることはない.警察も最初はあれだったがこれだけ国民の関心を呼ぶと適当に流すわけには行かなくなった.まさしく、作られた事件である.

 だから却って自らを振り返ると犯罪すれすれの取材を行っていたり、日常軽い法律違反をしているかもしれない自分たちもやり玉に上がればこれ程世間からパッシングを浴びるようになることを気にしているのかもしれない.

 

 

www.sankei.com

 

 そうして北海道でも倶知安町で同様な煽り運転、脅迫行為の事件が起きている.この事件もドライブレコーダーに犯行の動画が公開されている.

 

 一般人にとっては、車を運転する機会があり、もしこういった目に会うことに対して恐怖を感じていると思う.今後ドライブレコーダーの取り付けは増えるだろうし、できるなら被害者になるようなことは無いように思っているだろう.

 

 今回の事件が抑止力になるような結果に終わることを願いたい.

 

 

 

 

 

腎移植問題

 晴れ、気温は18度.上を見上げると空が高い.青空を刷毛で掃いたような巻雲が浮かんでいる.本当に秋空である.

news.livedoor.com

 

 日本には、透析患者が33万人ほど居る.その何割かは腎移植を希望しているが、全てを賄う臓器は日本には無い.

 透析治療は普通週3回4時間程度の血液浄化を日中行っている.人が活動すべき日中にベットにいなければならない.以前、透析療法を拒否した患者が亡くなったが、死ぬまでその治療を行わなければならないと考えると気の遠くなるような行為である.

 透析患者が透析をしなくてよくなるには、腎移植という方法しかない.その腎移植も先に書いたように臓器の数が足りなくて上手く機能しているとは言いがたい.

 だから以前日本では、病気腎移植という行為が問題となったことがあった.病気で取り出した腎臓までも使用しないと日本では透析患者を救うことができないという現実がある.

 

 今回のパキスタンの腎移植の件、臓器売買の本拠地は政情不安あるいは貧困層が多い国に移動していくのだなと思った.

 古くは、中国、フィリピン、東南アジア諸国での移植が話題になったが、それらの国が発展し容易に臓器が手に入らないようになれば徐々に場所を移すのは当然である.需要と供給の関係は臓器にも適用される.まさしく経済原理で物事は回っていく.

 

 ちなみに海外で腎移植を受ける場合、最低で1500万円ほどかかる.その後のフォローアップの費用は含まれていないのでそれ以外の費用を考える必要がある.

また、透析治療には年間400万円から600万円ほどの費用が掛かるが、更生医療の適用を受け本人負担はほぼない.

 

 それなら今はやりのiPS細胞を用いて人間の腎臓を作り出せないかと考えるが、実際その取り組みは始まっている.

www.nikkei.com

 人間と近い豚を使い腎臓を作り出そうという試みである.豚の臓器は人間と近く、腎臓以外にも膵臓や肝臓、心臓などの臓器が豚から人間に移植できないかと研究は続けられてきた.

 近い将来、こういった技術によって腎移植を求める人の声にこたえることが出来ればと思う.

  

 

 

あいちトリエンナーレ その後

 曇り、気温は18度.台風から変わった温帯低気圧が通り過ぎた後は北の冷たい空気を運んでくる.これは予想されたことで急速に秋に近付くということである.本州にも秋雨前線と呼んでよいか判らないが雨が続くようである.

 

 

mainichi.jp

 沈黙を守っていた数日間の間に対策を練ってきたようである.物議をかもし展示を中止したまま敵前逃亡していた芸術監督が語りだした.

 

 何故彼は、テロリストに屈したのか語らず、先頭を切って逃げ出したかの理由を語ろうとしない.この数日間、知りたいことに答えずトリエンナーレを守ろうとしなかった.自分がテロリストの恐怖に逃げ出しただけなのだろう.助けるべき人を置いてだ.

 

 今回の催しは、意図した炎上商法の上でその日が燃え盛り過ぎたことによるボヤが大火事になって慌てて消防車を呼んだというのがはた目からの感想である.

 もともと表現の不自由とのたまうのだから内容は表現の自由を認められている日本社会でも問題となった曰く付きのものである.それを密かに人目に触れさせることなく(主催者の意図は、もしかするとこれができると思ったのだろう)展示することで興味を引く人を口伝えで集め最終的に大問題になれば美味しいと思ったのだろう.

 本人たちのグループは、もし、問題にならなければもっと燃料を投下しただろうし、問題になれば、表現の自由を規制されたと自分たちの自己主張を始めるつもりだった.

 だから、この問題を大々的に炎上するのは本人たちにとって願ったり叶ったりなのだが、京アニの事件が起きてしまい、それを倣った模倣犯が出てきて自分達の命の危険性が出てきたため少し火消しが必要になったことが誤算だったのだろう.

 そのため事前に準備していなかった対応に迫られ安全地帯にいったん逃亡したのだろう.

 

 以前にも書いたが、表現の自由を享受するにはTPOが必要である.多くの人が不快に感じるものを多くの人が目に触れる環境に置けば表現の自由ではなく公共というものが優先される.それは当たり前のことである.今回の展示の詳細を知らせず更にもっとひっそりと展示が行われていれば自由な展示ができただろうが、本人たちに初めからその気は無かった.

対 清水(A) 0-8

 曇り、気温は20度.涼しい風が吹く.今日から始業式の学校が多そうで、夏休み明けの街の賑わいが戻るのだろう.

 

 土曜日の試合、DAZNで見ました.すでに詳細はニュースに流れているので大部分は自分のログとして記録しておく.

 

 IAIスタジアム日本平で行われた清水との試合、気温は試合開始時点で31度とDAZNは伝えており、暑さを今までは苦手としているコンサドーレはどういった戦いをするのかが気になった.

 また、相手の清水は天皇杯の試合を水曜日に行っており中2日となっておりその試合に今日スタメンの選手が数名フルで出場しておりそのあたりの戦い方にも注目である.

 

 コンサドーレはスタミナも重要視し、FWのプレスもセンターラインから5mくらいの距離から始める感じで、相手が後ろでボールを回すのOKという感じであった.相手の清水もコンサドーレ対策としてGKにボールが渡ると積極的にGKとワイドに開く宮澤選手あるいは荒野選手とキムミンテ選手にプレスに入るという、コンサドーレ対策を行う.

 

 8月からのルール改正でGKからのゴールキックペナルティエリアで受けても良くなったため、コンサドーレにとって戦いやすくなった.相手のプレスも上手くかわしやすくなったのが見てとれる.

 相手のFWがプレスに来るおかげで清水の前とカウンターを警戒する後ろの距離が空きやすくなりパス回しがある程度スムーズに行える結果となった.

 

 夏場の試合の対策として相手にボールを後ろで回させるのはある程度OKで、相手が前に激しくプレスを掛ければジェイ選手、武蔵選手にロングボールを蹴る.相手の前と後ろが離れれば中盤でのボール回しで相手を走らせるという選択肢が広がるが、相手もコンサドーレが蹴るロングボールのセカンドボールを回収して縦パスで前目の選手を走らせシュートまで持ち込むという展開になり、試合開始早々は相手の清水にチャンスがあった.

 そのチャンスをゴールに結びつけられなかった清水にとって悔いの残る試合開始だったかもしれない.

 

 この試合で特によかったのは、夏場に気て元気を取り戻したチャナティップ選手である.かれがボールを持ってドリブルを開始すると必ず複数の相手選手が寄せてくるためコンサドーレに必ずフリーの選手ができる.ここで簡単にボールを奪われるようだと試合にならないが、調子の良いチャナティップ選手は簡単にボールを奪われない.

 

 先制点は、チャナティップ選手のシュートがGKの手相手選手の腕に当たりゴールであった.最後に腕に当てた選手にイエローが出ても良いはずだが、ゴールが決まり審判もお咎めなしにしたようだ.厳密に考えればゴールと反則は別である.

 

 コンサドーレが先制したのちも攻撃の手は緩めない.そのあとすぐにジェイ選手のヘッドが決まり追加点を奪う.これも相手の選手間の距離が離れているため簡単にボールさばきができ、菅選手が良いボールを上げることができたからである.さらに言えば何時もならGKに防がれるか、バー、ポストに当たることが多いシュートがゴール隅に決まったことがこの試合の勝ちを決めたと言って良い.

 

 2点を先制し、コンサドーレも余裕ができ、相手にボールを預けるというった試合運びになる.相手の最後のシュートを防ぐことに集中するが、やはり相手に攻めさせれば攻めさせるほど危険なプレーが増える.そこをやり過ごせたのは大きかった.

 

 後半に入るとコンサドーレの怒涛の攻撃が始まる.

 

 CKから進藤選手のヘッドで追加点を奪うと、相手が得点を得るために3バックから4バックに変えてきた.それが相手の両サイドが空くというコンサドーレにとっておいしい展開となる.両サイドあるいは中央をコンサドーレの選手が駆け上がると清水の選手が全員で全速力で戻ることになる.それに対してコンサドーレに選手は数人が全速力でプレーするためチームの疲労度は極端に違ってくる.この暑さだもの幾ら普段暑さになれているとはいえ選手にとって嫌になる展開と言える.

 

 その後、武蔵選手、ジェイ選手、ジェイ選手、福森選手、チャナティップ選手がゴールを決めてチーム新記録の8点で試合を終える.

 

 福森選手がゴールを決めたFKの原因となったプレーは不可解な判定であった.相手に腕を掴まれて転んだ武蔵選手がシミュレーションでイエローが出たが、線審との意見を聴き相手のファールとなったが、場所がペナルティエリア外という、もし僅差だったら猛烈な抗議になっただろうし、後で問題となる判定だった.

 

 これで順位は6位となり、停滞している川崎とのゲーム差が縮まる結果となった.次は首位のFC東京とドームで試合である.ここで勝てばという大事な試合である.

 会場は、太陽の直射日光もなく快適な場所なので、相手のチームも戦いやすく、試合は拮抗したものになるだろう.この大量点に慢心することなく試合が出来ればと思う.

煽り運転 

 曇り、気温は23度.蒸し暑い.日中は晴なのでこの湿気を吹き飛ばしてほしいがどうなるだろう.

www.nikkei.com

 

headlines.yahoo.co.jp

 高速道路の煽り運転で全国に指名手配されるというこういった事件では初めての出来事だと思う.

 TVやネットで見た彼の行動は常軌を逸している.もし自分がその事件の当事者になったらと思う面倒なことに関わったと思うだろう.

 一部会社経営者と報道されているが、職業不詳と言われていることから会社は今は無いのかもしれない.更に彼の行動からは普通の経歴ではなさそうで裏社会との関係もあるのだろうと思う.

 何故ならこういった事件で名を売ることは暴力団の組員だとしても下っ端だろうし、幹部なら自分で車を運転することもない.そして、彼の激高の仕方を見ると薬中なのかもしれない.

 

 道路上の乱暴運転は、普通に運転していても見ることでがあり、休みの日にはよく出くわす.煽り運転でもなくとも不注意な運転をする人も増えるため込み合うときは却って家でのんびりするほうが心が休まるもんだ.

日韓経済戦争

 曇り、気温は26度.蒸し暑い.台風がもたらす雲が北海道の西側を覆っている.すでに台風の中心は崩れてはいるが目がある状態で風の強さはまだ相当残っているので油断はならない.看板や屋根材などが飛んでくる恐れがあるので歩くのにも注意が必要である.

 

 

headlines.yahoo.co.jp

www.asahi.com

 産経新聞朝日新聞ともに韓国大統領が何時もなら日本のことを批判するばかりなのにここにきて韓国経済の先行きを案じ始めて抑制的な発言を行ったと述べている.

 朝日は更に、抑制した発言は世界に対して韓国が日本の行為に対して鷹揚に構えていることをアピールし、日本の立場を弱いものにする世論戦を考えていると書いている.

 

 日本の輸出管理は、輸出許可を与えないというものではなく許可制にすることで心理的圧迫を与えるものである.現に半導体材料などの禁輸などは行っていない.

 

 今まで強気な発言を繰り返し、自国生産をすると息巻いていた韓国政府も、実際にそれを行えるまでの時間が相当でその間時間稼ぎが必要だと気付いたようだ.もし、生産が追い付かず他の競争相手にシェアを奪われたならこの先の損失は計り知れない.

 

 更に、記事に書いているように反日による日本製品の不買、日本旅行を控えるなどの国内の行為が韓国内の消費を下げているし、日本からの旅行客も減っているとなれば今後支持率は下がっていくばかりである.

 

 反日感情を煽ることで国内の人気回復を図ろうとしたパフォーマンスは長続きしない可能性が高くなったということである.だからと言って簡単に日本側に妥協すれば、今まで支持層に残ってくれた層が離れていくことは確実で妥協点は見つけられずこのままずるずる行きそうだ.

www.asahi.com

 だから、国民に対して南北統一を打ち出すことで振り上げたこぶしの下ろしどころを探っているのだろう.しかし、北の労働力と資源を充てにした南北統一など金正恩政権にとってあり得ないことだろう.北にとってはその資源と労働力をアメリカなどに買い取ってもらうことで国力を上げ金王朝体制を維持したいという目論見を韓国が横やりを入れているとしか思えないからである.金正恩にとって支配体制の及ばない韓国など不要だからである.

 

 では、韓国国内の南北統一に向けた行動が受入らるのかという話になる.朝鮮戦争で血で血を洗う殺し合いをした感情を押し殺し、更に統一したからといってお互いの心は晴れるのかという問題になる.だから朝鮮戦争に対して眼を瞑り日本を悪とすることで朝鮮戦争が無かったことにして国民の意思をそらそうとしているのは間違いない.

 

 今回の日本の韓国に対しておこなった行為は正しいものだったと言える.それが出来たのもある意味掟破りのトランプ大統領が居たからだと言える.もし、他のアメリカ大統領だったら日本の行為を認めなかっただろう.トランプ大統領が自ら掟破りをしているからこそである.

 

 今回の日本の輸出管理を徹底的に批判してきた朝日、毎日などの新聞社はどんな思いでこの成り行きを見ているだろう.もし、日本が今までのように韓国の抗議に屈して折れまくっていたらと思うとぞっとする.日本は韓国の抗議でいつも弱腰になると認識されこの先も同じように日本の行為を批判しまくるだろう.更に北朝鮮と統一を果たしたならどれだけ理不尽な要求を突き付けてくるか判らなかった.

 

 しかし、この先いつかは南北統一という事態が訪れるかもしれない.その時に日本は断固とした態度をとる必要がある.彼らは未来永劫日本を敵として扱うことは間違い名からである.この先、韓国が折れ日本に対して譲歩してくるかもしれないが、それは見かけだけの譲歩で必ずこの先倍返ししてやろうとするだろう.

 

 ただし、余りにいがみ合っても日本にとって徳ではない.この先にある高齢化社会に向けての国力の低下は相当のものとなるだろう.それに合わせて経費の掛からない防衛方法を探るしかない.