蝗害による食糧危機が始まる

 晴れ、気温は18度.天気図を見ると北海道は低気圧に囲まれ本来なら天気が崩れているはずだが、低気圧に囲まれるとその中は気圧が上がるので雲が排除された格好になり良い天気になっている.面白い現象である.2,3日前の天気予報では雨の予報だったのだが.

 天気の流れは、ある意味時間のかかる変化と時間のかからない変化の融合である.時間のかかる変化は地球温暖化などの影響だし、短時間の変化は台風などがあげられる.その中で季節の天候の変化は、長いスパンの変化の一部といえる.その変化の要因にやはり新型コロナウイルスによる生産活動の低下によって熱量の放出が減った影響はあるのだろうと思う.熱量の変化がどの程度変化したかデータは持っていないためある意味トンデモな話なのだが、確実に環境に変化をもたらしているのは間違いないのではないだろうか.

 気候の急激な変化はどうしても人間生活にマイナスの影響を及ぼす.それが激しければ激しいほど生存を脅かされる事態となる.もし新型コロナウイルスが自然環境の急激な変化にブレーキを掛けてくれたならせめてもの救いである.

wired.jp

 新型コロナウイルス以外にもう一つ人類の生存に影響を及ぼす出来事が世界で起きている.それが蝗害である.漢字では蝗だが、バッタの一種であるサバクトビバッタである.

 それが北アフリカで異常に繁殖したバッタは中東を渡りインドに達している.この先東南アジアあるいは中国に及ぶ可能性がある.

 旧約聖書出エジプト記は蝗害について書かれていることで有名である.その中でも表現されているが、天を覆うほどの蝗の群れで空は覆われ真っ暗になるほどと書かれている.

 その状況が今の世界で起きていることなのである.日本でも江戸時代に蝗に作物を食われ飢饉が起きたという記録があるが、それはある程度地域が限定されていたが、今回のバッタの被害は国一つ丸々覆う規模である.

 そのバッタが通り過ぎた後は、草木が残らず食べられ丸裸状態になるというのだから恐ろしいことである.当然作物など人間の食料となるものは何一つ残らないことになる.そのため食糧危機が起きると懸念されているが、どうしても話題は、新型コロナウイルスの感染に持っていかれるため中々人々の話題に昇らない.

 2020年という年は、最初は東京オリンピックの年であったのだが、いよいよもって21世紀の最大の災いの年になりそうである.所謂記憶に残る年になった.

 

コロナウイルスは治まらない、Twitterは民意か?

 晴れ、気温は15度.明日から天気は崩れ寒さが戻ってくる.6月は、雨が多い季節である.

 

news.yahoo.co.jp

www.yomiuri.co.jp

東京と北九州が目立つため北海道が目立たなくなっている.地味に北海道も感染者が出ているのだが、それ以上に上2つの感染者の増加が大きい.

 東京の場合、歓楽街で働く人の感染が主で、そこに大きな感染巣がありそうである.こういったあまり公にしたくない仕事をしている人が感染源になっている場合、補足が難しく、そこからどのように感染が広まるか調査しにくいという問題点がある.

 今後の感染の広がりを防ぐためには、感染が歓楽街で広まっていることを知らせそこに行く人を減らすしかない.感染の広がりに十分に注意を払っている人達が居る傍らで感染予防をせずにいる人たちが活動しているとその努力は水の泡になる.この影響で歓楽街の人出が減ることで経済的に困窮してしまう人たちが出ることは本当に残念なことである.

www.nikkansports.com

 もう一つ話題がある.最近Twitterのトレンド入りが民意の証とマスコミが喧伝したせいでなにやらTwitterで争いが起こっている.それが上の件である.大村知事を辞めさせたい派とそれに反対する派がTwitterのトレンド入りを争っている.

 そもそもTwitterが民意の表れとマスコミが言ったが、Twitterを使っているのは全国民ではなく一部のものだけである.更にTwitter数は、水増しできる.これをもって民意とはとても言えないのだが、マスコミは一度これは民意と言ってしまった以上、tweetに関心を持たざる負えなくなった.

 トランプ大統領の意思を伝えるための手段として利用されてこのところ有名だが、そのトランプ大統領が選挙で選ばれる際、ロシアからの政治的な工作がTwitterFACEBOOKなどを通じてあったことは有名である.

 マスコミを通じて民意を操作するような陰謀論に否定的な方がいると思うが、いまだ各国に諜報機関があり活動を行っているし、現にこういったSNSで民意を操るための工作があったことが明らかになっている.

 日本でもそういった民意を操ろうとする人たちが行動しているのは当たり前のことである.その操ろうとしている人は当然マスコミもその道具に使っているはずである.

 今回の大村知事自体、国を動かすという点であれだが、あいちトリエンナーレの件は、背後に何かあるのではないかと疑念を抱かせるには十分である.人が集まり集団となれば何らかの意図を持ち始めるのは自然である.自分たちの思想信条を大衆に浸透させたいという欲望は常に発生する.その辺りの行動は、目に見える部分と目に見えない部分とがある.

 表面は、あくまでも大村知事のリコールの話なのだが、色々な思惑を巻き込んでいくだろうことは想像できる.両派ともに入り込んでくる(すでに入り込んでいる)力がどのように働くか冷静に見ていく必要がある.

 

 

マスコミは香港とアメリカをどう報じるのだろう

 曇り、気温は13度.気温の寒暖差は激しい.徐々に今週は天気が崩れ週末に暖かくなる.体調を崩しやすいので注意が必要だ.

news.yahoo.co.jp

 警察官の黒人に対する過剰な行為で死に至らせた件に対して多くの人が参加するデモが全米各地に広がっている.

 その行動に対してトランプ大統領はなだめる行為を選ばず、デモ隊に対して厳しい対応を行う方向に向かった.

 しかし、この行為は香港の自由を維持する運動に対して中国が厳しい対応を取っていることに対して批難していることに対して真逆の行為になるのではないだろうか?少なくとも中国の行為を批難するならせめてデモ隊の前で今後こういったことが起こらないことを約束すべきだろう.彼の目指す大統領再選戦略にマイナスになると思うが、そもそも黒人票は眼中にないのなら致し方ない.

 

 しかし、この時期にデモを行うことは、アメリカにとってコロナの感染拡大を防ぐという意味でマイナスである.更にそれが暴動につながるならアメリカの分断ということになる.これを見て中国は、中国国内の人種差別問題と同じようなことがアメリカでもあるという宣伝材料になる.

 

 アメリカと中国という大国同士の争いは見ていてこの先の結末に不安を覚えてしまう.お互いに強大な武力を持ち自分たちの力を誇示すれば誇示するほど衝突は激しいものとなる.世界の国の多くはこの時期コロナウイルスの影響で疲弊しており、この先の見通しは不透明過ぎる中でじっと見守るしかないのが現状である.

 

 香港とアメリカで同時に起きているデモに対してどちらに正義があるか、暴力的になればなるほど不透明になっていくことは間違いない.

 

 この事件について日本のマスコミの立ち位置はどちらにあるのか?国内のマスコミの一部は香港のデモについて支持するとも支持しないとも旗色を鮮明にしていないが、アメリカのこのデモに対して中国側を利する動きを見せるなら明らかに中国側から何らかの影響があるのだろうなと想像できる.日本のマスコミの報道姿勢は要注目である.

 

 

 

6月から何が変わるのだろうか

 晴れ、気温は18度.雲一つない快晴である.日中も30度近くに気温が上がりそうである.

 

 今日から、自粛が解除され今年の3月まであった普通の日常が戻ってくるはずなのであるが、中々その普通の日常も今までとは違った様相を呈することになりそうである.

 一番大きいのはやはりまだどこかに潜む新型コロナウイルスの影響である.完全に消えてなくなってしまえば良いのだが、今なお世界各地で猛威を振るい多くの死者を出している状態で日本だけが安全とは言えない状況である.この猛威がある日突然消失するとは考えられない.

 そういう意味で6月はそろりそろりと慎重に事を進めながら生活が始まる感じだろう.それは致し方ないところである.

news.goo.ne.jp

 その中でこのニュースは、コロナウイルスとは別の新しい時代の幕開けを象徴している.計画では、月への着陸や、月の周回軌道に新しい宇宙ステーションの建設、火星への有人飛行と続く.人類が地球を離れて暮らす月面基地の建設が見えてきたことになる.

 この偉業を早速トランプ大統領は、自分の選挙に役立てようと算段をもくろんでいるようだが、果たして今のアメリカの混乱を制御できるか少し疑わしい.しかし、対抗馬が民主党のバイデン氏ということで次の新しい世界に羽ばたくイメージが沸かないところが難点である.もし、もう少し若く次の世代を担うような人物が対抗馬だったならトランプの再選は難しくなったかもしれない.

 それは置いておくとして、悪いことに続いて良いことが始まる2020年に起きた記憶に残る出来事なのは間違いない.

 

クラスター

 晴れ、気温は17度.今日は、真夏日になりそうだ.

www.nikkei.com

www.nishinippon.co.jp

 東京と北九州で感染者が増えている.国全体で自粛を解除した途端に感染者が増えているが、この傾向が2週間前の結果だとしたらゴールデンウイークが明けた週の結果ということになる.

 北九州市は、その頃から連続して感染者が出てきていなかったわけでここにきて急に出てくるということは、潜在的に人の移動が盛んでその移動する人たちによって感染が起きたと考えるのが普通だろう.特養で起きる感染も外部からの出入りによるものなのは確実だから、自粛していないと感染はいつの間にか忍び寄るということになるのだろう.

 新型コロナウイルスは、3密を避け、手洗いをきちんと行い清潔に保てば起きないということなのだが、ウイルスが目に見えるものなら良いのだが、眼に見えないために100%完璧に行うことは困難である.

 

 夏が近づき外気温も上がっていくのでウイルスの活動も収まるのではないかと思っていたが、暑い地域は、エアコンを利かして快適な住環境に整えるはずであるため、ウイルスが死滅する環境になりにくい可能性がある.エアコンを切って少しでもウイルスが生存しない環境を作る方が良いのだろうけれど、そのために熱中症になってしまう可能性があり問題である.

 ワクチンあるいは集団免疫を獲得しない限り、ウイルスとの共存は続いていくのだろうと思う.一層、普通の風邪として考えてしまう方が良いのかもしれない気がしてきたが、まずは、クラスターを産まないためにも健康的な生活が必要である.

 

世界秩序は変わる

 晴れ、気温は14度.日中は夏日になる予報である.日差しの強さは真夏並みなので気温が上がるのは納得できる.朝早くから散歩する人が大勢いる、.コロナ自粛で暇を持て余して体力強化というところなのだろう.その気持ちはよくわかる.

news.yahoo.co.jp

 中国は中国であり、今回の行動は当然予想される事態である.何故そう思うかというと中国の体制に問題を抱えているからである.それは、一歩踏み出した経済の一部自由化により中国国民の中に今の共産党一党体制に疑問を持つ人間が増えている.国内の体制は、締め付けを強化しなければならないほど脅威になってきているのだろう.

 今回香港の自治を制限しようという試みは、中国という国家の中に香港という地域は異物であり、このまま自由を謳歌させれば中国国内に飛び火し一党独裁の仕組みを破壊しかねない恐れが徐々に出始めているからである.

 中国国内がまだ遅れていた頃、情報は共産党が発表するものが全てであったが、経済開放と同時に中国国内の情報化は進み、共産党に対するプロパガンダも広まるスピードを変えた.

 更に、国民が裕福になるようになると中国国内から外国に出かける人が増え、自分達の国と比較することができるようになってきたのも大きい.

 経済が豊かになればなるほどその資金力を背景に自由に行動したいという欲求が強くなるようになり、更に、中国共産党の幹部が率先して腐敗を働き私腹を肥やす様を見ていれば自然と何故という疑問が沸きあがるのも不思議ではない.

 そこに影響を与えるのは、昨年から続く香港の自由化を求める市民の活動である.当初は1国2制度を認めていた中国もそろそろ香港の統合を見据えて締め付けを強化したくなるのは国の意思だろう.

 今回、新型コロナウイルスの発生源として国際的に非難を浴びている中、アメリカをしのぐ巨大大国を維持していくには、国内の統率が大前提だと考えたのだろう.

 このまま経済発展を続け、世界を中国共産党主義に変えようかという勢いも削がれ、この先の展望も見えなくなってきている.更に香港問題で諸外国から非難を浴びれば、この先の経済発展も厳しくなる.そういう状態での今回の行動は、この先この体制を持続するためには必要な行動だと信じているのだろう.

 新型コロナウイルスは、今の状況だと世界の仕組みを変えていく一つの大きな出来事になるのは間違いない.大きな出来事である故、世界秩序をも変えていくことになるのは当然である.

 

2酸化炭素の排出量

 曇り、気温は12度.穏やかな朝である.天気図を見ると北海道の北側を低気圧が列をなしている.その低気圧に向かって南風が吹き込んでいくので今後徐々に気温が高くなってくるのだろうと思う.

www.jiji.com

 新型コロナウイルスがもたらしたものであるが、世界の二酸化炭素の排出量が減少した.

その大きな原因は、生産性の低下と人の移動の減少がもたらしたものである.人類が活動を止めれば地球温暖化は防げる可能性がある.

 しかし、この影響がずっと持続することはない.人類は、自分達が生き残り快適な暮らしを守るためすぐさま生産活動を復活させているからである.

 

 この地球温暖化の問題を考えるに人類の一員である自分の視点と共に、地球という一つの生命体で考える必要がある.

 地球にとって人類は体に巣くった寄生虫のようなものである.彼らの活動によって地表が荒らされようともそれに対して何らかの感情を持って行動するわけではない.人類が幾ら無理をしようと地球そのものが無くなるのは遥か未来の事であるからである.そもそも地球に意思があるのならどう考えるか聞いてみたい気もする.

 だから、地球自身が何かをするのではなくその成り行きの中で人類が寄生しているという表現が正しい.だから人間の意思とは無関係に地震を起こしたり火山噴火を起こしたりするわけである.

 その地球の観点で行けば、人類が行うことに何らかの報復を行うことはない.地球温暖化が進み人類が生存するのに適さない土地が増えたからといって何かするわけでもないし、地球で核戦争を起こし環境を破壊し多くの人の命が奪われたとしてもそれに対して何ら反応するわけではない.

 我々が唯一考えることは、この先の自分達あるいはその子孫が豊かな生活を送れることだけである.その間に地球上で大災害が起きようとそれに耐えるしかないし、それが自然の摂理であるとあきらめるしかないのである.

 

 今回、人類の力で2酸化炭素の排出量を減らせることは証明された.もし地球温暖化が2酸化炭素などの温暖化ガスの影響だとするなら、人類の活動を制限すべきだろう.それが解決策の一つとなることを学んだ.それは素晴らしい成果である.

 もう一つ知りたいことは、2酸化炭素の排出量が減れば本当に地球温暖化を防ぐことができるかである.この証明は、残念ながら今回の出来事では期間が短すぎて明らかにならなかった.

 人類の営みと地球の営みはシンクロナイズしているが一体化しているわけではない.人類が地球温暖化へ向けて努力を続けても、例えば活火山が複数大規模な噴火を繰り返せば人類の努力は無に帰すことも考えられる.

 今後の人類の選択肢は2つである.このままどんどん温室効果ガスを排出し続けてその結果を受け入れる.もう一つは、人間の営みを制限することである.今のところどちらを選ぶか結論は出ないということである.

 どちらにしろこの先に人類の破滅を待っていたとしてもそこに突き進んで行くのだろう.その破滅が近付いて行動を起こしても無駄なのだから.このまま人類は運命に身を任せるしかないというのが結論になる.