災いの種はどこかに隠れている

 曇り、気温はマイナス3度.昨日の積雪があったため例年通りの積雪量になったのではないだろうか?これからも降るようだと小雪ではなくなってしまう.

 

 今年の冬は正月まで根雪が無いという異常事態に始まり、突如として中国で新型コロナウィルスが発生という慌ただしい年となった.

 昨日寝る前に考えたことは、この先の未来に、地球がポンと音を立てて壊れてしまう時が遅かれ早かれ来るのではないかということである.それは、ある意味シャボン玉が空中に浮かびながら突然割れるようなイメージである.

 こんなことを書くと終末思想と言われるかもしれないが、あくまでイメージである.そうおいそれと地球が突然消えるようなことはないだろう.

 しかし、こう続けさまに人間の生活環境に影響を及ぼす災いが起きるとそういった考えに陥ってしまうことも無理もないことだろう.だから新興宗教のような似非神様を信じてしまう人が増えることの理由にもなる.

 人間は、自分達の力で立ち向かえないような災難に直面すると別な理由を探して逃避してしまうことになる.それは、心のどこかに自分を納得させる理由を求めてしまうからだろう.

article.auone.jp

 

 道内でもコロナウィルスに感染した人が日増しに増えている.ある意味全道的で局地的ではない.どこかで潜り抜けたウィルスが花が咲くように現れているのだろう.潜在的な感染者は道内に10倍から100倍存在するとみてよいだろう.今現在30人程度の発症なので少なくとも300人から3000人程度の症状が出ない状態で一般生活を送っている人がいると考えてよい.

 それを抑え込むには、やはり多くの不特定多数の人との接触を避けることと身の回りの清潔に気を付けるしかない.そうすることでウィルスの拡散を抑え込むことができる.

 もし、ウィルスの抑え込みが失敗したときは、テレビ局の出演者が急に休み出すときだと思う.

リーグ戦 対柏 4-2(A)

 曇り、気温は2度.昨日は雨と霙の天気だったが予想より低気圧は抜けるのが早く今は穏やかな天気である.

 

 数日前からの道内でのコロナウィルスの感染者の発表は、街を静かにさせている.これも不要不急の集会を避けるというお知らせが聞いているのだと思う.こんな時に大勢人が集まる場所に行くのはやはり余程でない限り辞めたほうが良い.

 

 そういった中で開幕したJリーグだが、予定通り柏のホームで試合が行われた.試合は、今年から取り組む前からのプレスがイマイチ掛らず相手にカウンターのチャンスを与えてしまった.

 相手の前線が超高速でコンサドーレのDFは中々ついていけずに相手に振り回されてしまった.その結果の4点だった.

 やはり柏のオルンガ選手の運動能力が脅威だった.それにつられ中々DFラインが上がらず、前でGKまでプレスに行っているのに中盤の圧力が少なすぎた.この作戦で行くなら最終ラインもハーフラインまで上がらなければスカスカになることが判っていた.

 それが出来なかったのが作戦ミスだろう.これからの試合、前からの守備をどのように構築していくのかこれから大きな課題を背負った格好である.

 収穫は、相手が前に来なければコンサドーレも得点のチャンスは十分にあることを証明したことだろう.それは心強いが、これから戦う相手がどういった作戦で来るかそれによって戦い方を変えるべきなのかそれとも自分たちの戦いを成熟させていくのか見ものである.

 今回の敗戦でリーグ戦で4位以内という目標は目標として、タイトルはやはりルヴァンカップ狙いに絞った方が良いだろう.何もかも一生懸命では目標を達成するのは難しいと感じた試合である.

行動自粛

 晴れ、気温はマイナス12度.厳しい寒さが続く.

headlines.yahoo.co.jp

 このところ次々と感染者の情報がでてくるようになってきている.これは予想通りの展開というしかない.潜在的な感染者の数は海水に隠れた氷山の塊程度いるだろう.ざっと予想では1000人規模の感染者がおりそれが自由に動き回っている状態と言える.

 完全に初動に遅れ対応が後手に回ってしまった.そしてこの期に及んで色々なことを国会で言っているが、国の対応の遅れは否めない.

www.jiji.com

 そろそろ人の移動を制限する体制が必要なのかもしれない.そうでもしなければ燎原の火のようにあちこちから感染者が現れ、それに対応するとまたそこから感染が広まるといった悪循環を繰り返す様が想像できる.

 

 一番心配なのは、やはりパニックになることである.嫌でもキャパが低い医療機関に患者が殺到すれば間違いなく医療は崩壊する.それに対する積極的な国の支援が必要である.これでは東京オリンピック開催など夢の話になってしまう.

 

 

 

道内4例目は危険信号

 曇り、気温はマイナス8度.久しぶりに冷え込んだ.暑い寒いを繰り返すこの時期が一番体調を崩しやすい.こういった時は人混みを避けるのが一番である.

news.livedoor.com

 道内で4例目の発症者が出た.3例目から時間が経たずに報道されたので聞き間違いかと思ったがそうではなかった.

 道内の症例は、個人情報の絡みから明らかになった情報は少ないが概ね感染経路は不明ということである.

 このことから市中感染が起きている状況になってきているは間違いない.最初の感染源である中国からの旅行客は万遍なく道内に散らばっていた.ある意味中国人観光客を見ない場所は無いというような状況だったわけで観光地は軒並み密度は高かった.

 それでどこかに新型コロナウィルスが漂う場所がありたまたまそこにいた数人が感染した結果だろう.そう考えると今の感染は3次感染の確率が高いということである.

 間違いなく今回の件で気を付けなければならないのは、国が言うように人の密度の高い場所に出かけることを控えるということだろう.

 今回のクルーズ船のように密閉空間でそこに感染者が送り込まれれば感染の連鎖が始まる.そのことを理解しないで行動する人が多数出ると中国のように都市閉鎖しても中々感染が収束しないということになる.

 今の段階では、人の自由を制限してでも家からの外出を禁止するほうが感染の広がりは抑えることができるだろう.それができないのが日本という国である.何かを制限しようとすると直ぐに反対の声が上がる.多くの国民が被害に会うかもしれない状況を作ることを自由という名の行為で危険を助長する.

 もし中国のようになってしまったらただでさえ足腰が弱り始めている日本は大打撃を受けてしまうだろう.

 

 人の大勢で入るするようなところでの制限と共に、やはり発熱だけを見る専門外来を道内各地に設置してもらいたい.少なくとも発熱の患者とそうでない患者を同一内の空間に閉じ込めてしまうことを避ける意味でも必要である.

 そういう施設は、市民体育館などの公共の施設を使いできるだけ患者同士が近くで接触しない環境を構築すべきだろう.

 このままでは間違いなく医療機関は戦場になり医療機能を果たさなくなる.

不要な受診は避けるべき

 曇り、気温はマイナス3度.昨日の夜も雪が降り朝起きると10cm程度の積雪となっていた.これでいつも通りの積雪量に近くにはなった計算である.

headlines.yahoo.co.jp

 厚労省から受診、相談の目安というのが出てきた.熱があるからと言ってむやみやたらに医療機関に受診されるとその切り分けに忙殺され他の病気の治療に差しさわりが出てくる.

 この辺りの塩梅が難しいのは確かで発熱が直ぐに普通の風邪なのかインフルエンザなのかそれとも新型肺炎なのか専門家でもその切り分けは不可能である.

 だから今のところ発熱したからと言って直ぐには受診せず様子を見てくださいと言うのは至極真っ当である.それを生ぬるいと言って全ての人を診察しろと言うのは暴言である.

 この時期、北海道は寒く体調を崩す人が多く出る.その人たちが他の病気を持っていればなおさら重症化しやすいものである.

 もし、日常的に医療体制を整え全ての疾患を受け入れるように医療体制を整えるとしたらどれ程の費用が掛かるのか考えたことがあるのだろうか?日ごろから医療費が高いと言っている方も多いと思うが、そういった万全の体制を整えるには10倍以上の負担が国民に掛ってくるだろう.その負担を受け入れる覚悟があるのなら構わない.

 中国やアメリカでは、そういった医療が平等に受け入れられない状況がある.日本はその点国民のすべてが平等に医療を受けられる制度を維持してきた.健康で長生きをするにもやはりそういった体制を維持するための協力が必要である.

 もし、そういったことが我慢できないようであれば今の医療体制は簡単に瓦解してしまうだろう.

 今の日本の医療体制のすばらしさが、日本をここまで繁栄させてきたことを理解すべき時だろう.

 

道内2例目の感染者

 曇り、気温は0度.今は暖かい空気が入り込むタイミングだが、夜になるにしたがって北寄りの風になるので気温は下がり雪になるようだ.

www.fnn.jp

 閉鎖空間に閉じ込めておくと感染者が増える結果となるある意味実験的な結果である.このような空間は、例えば電車、劇場などが考えられるが短時間の接触では大きな感染は起きないが、小規模な感染は起こりうることになる.その機会が増えれば増えるほど感染は広まることになるので、東京都内では相当な感染者がいることになる.

 それが顕在化していないだけでもう少し経てば相当の感染者が表に出てくることになる.

 日本経済には痛手だったかもしれないが、さらに東京オリンピックという大行事を控え動きづらい状況で外国人観光客、特に中国人の入国を拒否すべきだったかもしれない.難しい判断だったのだと思うが.

headlines.yahoo.co.jp

 道内で2例目となった患者情報の公開が今になって出てきた.札幌在住とのことで入院が2月11日、検査結果が2月14日となっている.発熱した1月31日から入院までの間は普通に生活しているためある程度の接触者は存在し、更に2月3日に医療機関を受診している.

 この辺りの情報を細かく報じると接触したであろう人が大勢不安になりパニックを起こす可能性があるが、情報が断片過ぎていたずらに多くの人を不安に陥らせることにもなる.

 道内もご多分に漏れず多くの感染者が今後発生することは予想通りのことになった.そのために院内感染等を起こす医療機関も出てくるわけでそうなった時の対応をきちんと示してくれなければ、新型肺炎以外の急病に対応できなくなる恐れがある.

 保健所を管轄する道の動き如何で感染の拡大を抑制できるはずなので確かな指示が必要である.

 

 

ルヴァンカップ 対鳥栖 0-3(A)

 曇り、気温はマイナス4度.昨日の夜中は雪が降り積もり20cm位降っただろうか、朝から除雪で腰が痛い.小雪と言いながら最後に帳尻を合わせた感じであるが、こういった気象の変化の乱れはこの先もっと激しくなるのだろう.

 

 昨日は、ルヴァンカップの試合が行われた.(ルバンカップではなくルヴァンカップ:商品名なのでヴ)

www.jleague.jp

 結果は、0-3と幸先の良いスタートが切れた.得点もジェイ選手、福森選手、武蔵選手と点を取るべき人が取れたことが一番よかった.

 試合中は、テキスト速報を追っていたのだが、中身の大半は鳥栖の攻撃だった.先制点を取ったためにコンサドーレも攻撃の手を緩め受け身に回ったのかもしれないが、それでも極端であった.

 ただし、熊本でキャンプ中であり、地元の試合でもなく、条件的にはコンサドーレ側にとって不利な部分もある.それでも勝ち切ったのだからその点は評価してよい.

 

 その中でミシャ監督の厳しめの言葉があった.

 「鳥栖は非常に良いゲームをしていたんじゃないかなと思う。反対にわれわれ札幌はビルドアップのところがなかなかスムーズにいかず、質の良いボールを前に供給することができていなかった。やはり質の良いボールが前に供給されないと、前のコンビネーションもなかなか生まれない。3-0で勝利はしましたが、結果ほどの差はなかったんではないかなと思う。」

 監督の言葉は厳しめだけれど、幸先良いスタートを切ったことは本当に良かった.今週末のリーグ開幕戦は更に調子を上げることができるだろうから期待して良いのではないだろうか.