J1リーグ 第11節 vs セレッソ大阪 1-1

 J1リーグ 第11節 ヨドコウ桜スタジアムで行われたアウエーの試合。前節の引き分けに持ち込まれた試合の後、ミシャから相当厳しい説教を受けたらしいし、選手たちも自分たちのプレーを総括したようで試合の入りから相当気合が入っていた。

 

 GK 菅野

 DF 馬場 家泉 菅

 MF 近藤 駒井 荒野 青木

 MF 浅野 スパチョーク

 FW 鈴木

 

以上の先発でスタート。前半の入りはホームのセレッソの圧力を受ける形だったが、徐々にコンサドーレが盛り返しパスがつながる様になり徐々にセレッソを押し込む。その中で菅野選手からのパスをスパチョーク選手が受けスルーパス。それを浅野選手が見事に決めて先制する。その後も、鈴木選手のヘッドがポストに弾かれて追加点を奪うことができなかったことはタラレバで言えば残念なことだった。

 1点リードで前半を終えたのは良かった。このところ先制する試合が増えてきておりチームは上向きにはなってきているように感じるのだが、残念ながら勝利が逃げていく。後半、ルーカス選手のペナルティエリア内で倒されたプレーは、あそこで足を出す菅選手の癖が裏目に出た気がする。あれはそのまま外に追い出す守備で十分だったと思う。そしてその前の家泉選手がボールを持って上がり縦パスが通らずカウンターを受けてしまったのだが、それさえなければ初先発としては十分な働きをした気がする。この試合岡村選手が負傷で欠場した穴を埋めてくれたと思う。

 それ以外の選手たちも懸命に戦ってくれた。この調子で次の東京戦に勝利してもらいたい。東京は小柏選手が出てくるのだろうか?